2010年07月06日

気がつけば・・・

もう7月になってしまいました。

6月は一度もブログを更新できず、まわりから「全然更新してませんね〜忙しいの?」と聞かれ、嬉しいやら悲しいやらで・・・ 

そんなんで6月分まとめて書きます 

そう、6月は一日も休みが当りませんでした。 

1年前から関わっている既存マンションの立体駐車場(100台)新築の実施設計もようやく終わりました。
このマンション、総合設計制度(公開空地による容積率緩和)を適用して建設していますで、駐車場の設計そのものより、行政手続きに半分近く時間をとられました。

駐車場といえども侮ることなかれ・・・構造設計が全てを支配します。奥は深いこと勉強させてもらいました。  



 建築中の姫路の住宅も順調・・・お盆前に完成。

工務店は私の大学時代の同級生ですが、なかなかサービス精神旺盛でたくさん助けていただきました。
施主、設計者、工務店、今回も組み合わせは良かったと思っています。
おかげで思ったよりいい住まいができそう・・・ 



ペットと暮らす家の実施設計も先週終わりました。

10匹の専用の部屋も設け、しかも吹き抜けになっていて日当たり良好。
今月末から着工。大黒柱を設けたモダン和風です。完成が楽しみです。
 


大阪市内で計画中の地下のある住まい・・・これはなかなか手ごわいです。
狭小地でしかも前面道路が狭く・・・
そんな中で地下を作る。
光の取り入れ方と、コストのバランスをどうするかが勝負どころです。

そろそろ手をつけないと催促の電話がかかってくる物件もいくつかあるのですが・・・・、


 
仕事以外にやらせていただいている諸団体の役職の会議がたくさんあって、数えてみたら昼夜関係なく1か月に13回も出席していました。

こんなんあかん!  



5月の連休に買った野菜の苗、ベランダで育て、日に日に成長して、もう少しで食べられるようになりました。

今年は、
トマト2種類(バジルを同時に植えるとよく育つそうです)  
なすび  
まくわ(大阪では馴染みないですが滋賀ではよく食べます。すごく甘くておいしい瓜です)  
ゴーヤ  
メロン

_MG_8293.jpg _MG_8295.jpg _MG_8297.jpg 

        



ミニウサギも大きくなりました。

トイレもちゃんと覚えてくれました。

人が近づくとケージの隙間から鼻を出します。遊んでほしいのでしょう。
1時間くらい、リビングで走り回らせますが、あるとき携帯の充電コードを咬み切ってしまいびっくりしました。
それにしても毎日ホントよく食べます。 

_MG_8301-1.jpg
 


月末、「ビリーブランクス」氏をよんだ6月例会があったので参加しました手(グー)


ブートキャンプのさわりをやりましたが、とてもついていけませんがく〜(落胆した顔)
2日後に筋肉痛になりました。
でもツーショット写真はずうずうしく、友人2人で控え室まで押し掛けてしまいました。

IMGP0437.jpg 




ワタシ、高校の時からずっと35年間ロン毛愛好で通してきましたが、どういうわけかバッサリ。
高校の時は肩まで伸ばしていました。「こんな気持ちのいいものか晴れ
と初めて知った快感・・・とはオーバーですが・・・・。

P0447-3.jpg
 

心機一転。7月もがんばりま〜す。

By Ryuわーい(嬉しい顔)



posted by ばばちゃん at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

五月晴れ

 先週に引き続き土日は五月晴れ晴れ

5/15

 土曜日午前中は、先生も交えたPTA会議と新旧役員の昼食会に出席したのち、車をとばして姫路へ。

 
 丁度その日は大安吉日で、家の棟上げにはぴったりの日でした。

_MG_8287-1.jpg


 棟上げは、誰もが、胸をワクワクさせながら自分の家が出来あがっていく喜びを感じる時でもあります。


「思ったよりここ広い〜」
とか

「へえ〜ここから、あんな所が見えるねんな〜」
とか、驚きの連続。

 
設計したワタシも建て主がどんな反応を示してくれるのか楽しみにしている瞬間(とき)でもあります。  
 
 土地以外に何もなかった空間に、自分専用の大きな箱を押し込んで、天と地のはざまにまた新たなアイデンティティーが芽生える・・・・
 
 
 そう考えたら家づくりって、すべてを支配しているものに畏敬の念を払わなくては・・・といつも感じてしまいます。・・・ちょっとオーバーかな。

 
でも、「生かされている」という気持ちは大事ですね・・・グッド(上向き矢印)
 


 5/16
 
 ダニエルクラブのハイキングに参加しました。

 奈良の竹内街道から行程約12km。
自然や歴史に触れながらのウォーキング。


CIMG0558.jpg


 お昼の休憩時、となりで大学生らしき4人のカップルがバーベキューの準備に取り掛かっていました。

 
 見るとどれもアウトドア用品は新品。初めて使うような雰囲気。

 炭を熾しはじめたのはいいのですが、ライターとうちわを忘れたみたい・・・
 

 結局ワタシ共のところにライター借りに来たのですが、今度は火が熾らない。
よくみるとバーベキューコンロの中網(五徳)のところにアルミホイルを敷いてその上に炭を載せて火をつけていました。
(多分あとで片付けやすいようにとアルミホイルを敷いたのでしょう。でもそのおかげで下から空気が回らないから炭に火はつきません)

「そら〜これでは火はつかんで〜」
と仲間の一人が見るに見かねてアドバイス。


「は〜なるほど!・・・火つきました! ありがとうございます!」
と大学生。


 最近は家庭で火を使わなくなりましたし、学校でも教えてくれませんから、仕方ないのですが・・・・
学生とってはいい思い出になるに違いありません。

 学生がバーベキューをすると、食べる方に一生懸命になりますが、われわれ中年がやると、何はともあれビールで乾杯。
 とにかく飲みながら準備をする。肉が焼けたころには酔いも回ってきて・・・・

 そんな真実の笑い話も聞こえてきたり・・・・・。


 五月晴れの二日間でした。


By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

祭りの後症候群

 祭りの後というのは「疲れ」が一気に噴き出します。

 先日の58日、9日の両日、吹田でイベントがあったのですが、今年は食博がテーマということもあり、例年になくたくさんの人でにぎわいました。
 

 
食博のほかに、メイシアター大ホールで「ゴスペル音楽祭」も同時に開催されました。

 歌唱指導した中川誠十郎さん、この方すごい人です。
土曜日の出展者交流会で歌っていただきましたが、惹きつけられました。

・・・「なに?このパワー」
  

 ワタシもこのイベントに何年も携わらせていただいていますが、来場者にどうしたら喜んでもらえるかというのを自分の担当部署で考えているのですが、なかなか自分の思うようにはいかないのが常です。
 

 8年ほど前にたまたま実行委員会の会議で野外ステージに割り当てられたのをきっかけに、その翌年からずっとステージの企画と司会に関わってきました。


_MG_8229-2.jpg
 

 
今年もプロの司会者(米井さん)と一緒にお仕事させてもらいましたが、やるたびに素人とプロの差を感じてしまい、上手くなりたいという気持ちに比例して自己嫌悪も増大・・・。

 しゃべりながら「あっ!中途半端なつっこみ、やってもうた〜」・・・・
 それが顔に出て悪循環もうやだ〜(悲しい顔)


 「しゃべり」だけでなく、ステージに立つには「内面のパワー」というか「華」もいります。それが観客を惹きつけます。


 自分にはそういうものがないから開き直ればいいのですが、少しくらいは欲しいなぁ〜と変に憧れたりするところが、往生際が悪いのかもしれませんが・・・
 

 今年はABCテレビの「おはよう朝日です!土曜日です」の伊藤加奈子さんがステージでエレクトーンを弾いていただきました。この方も「華」があります。 

  自分が大勢の前に立てば立つほど、自分の未熟さを思い知らされるのですが、でも克服したいという気持ちもあるので、お祭りの企画や出演は止められないのですが・・・・。

 でも、楽しいイベントが終わった後は、誰もが感じる・・・「祭りの後症候群」・・に次の日も悩まされたのは言うまでもありません。

By Ryuわーい(嬉しい顔)
posted by ばばちゃん at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

仕事の合間に


仕事の合間に、こんなものを作ってしまいました


リバース・パースペクティブ(逆遠近感)を使った、「とらきち」です。

ネットでみつけました。

「とらきち」を印刷して、ハサミと糊で・・・製作時間15分
 

自分(ワタシ)は動いても「とらきち」の顔はずっとこっちを見つめたまま、首が動いているように錯覚します。


_MG_8205-2.jpg

_MG_8206-3.jpg

_MG_8207-2.jpg


確か以前、テレビでもやっていたような・・・
 

原理は簡単で、顔の凹凸部分を反対にして凸凹に作ればいいというものです。
(出てる部分は引っ込んでいて、引っ込んでる部分は出てる・・・) 

でもこんな簡単な遊び・・・・なんだか嬉しくなってきますグッド(上向き矢印)

ゲームばっかりやってる子供にも是非・・・・。


By Ryuわーい(嬉しい顔)



 
posted by ばばちゃん at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

新しい仲間

我が家に新しい仲間が増えました。

ミニウサギです。まだ子供です。


_MG_8191-1.jpg


子供とペット屋さんに行って、金魚を買う予定が、店内を見て回っていたら、とてもかわいかったので、買ってしまいました
目

 
これから何年間か家族の一員として生活することになりました。

よろしくお願いします。

 By Ryuわーい(嬉しい顔)

ラベル:ミニウサギ
posted by ばばちゃん at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

サクラサク

 4月は年度はじめ。 桜色の季節です。  

 桜にこじ付けた、日記です。
 


4/3
 
 「吹田まつりin浜屋敷」の西庭オープン記念式典とイベントで朝からバタバタでした。

CIMG0332-2.jpg
司会を担当しましたが「カミカミ」でした。やっぱり原稿あるほうがたいへん。

 
 浜屋敷は江戸時代の吹田村の庄屋屋敷。吹田の歴史と文化の活動拠点として、吹田市により再整備されました。
 

 式典終了後のイベントはウェスタンカーニバル、ダンディカフェで盛り上がりました。
 
 ウェスタンショーですから
庄屋屋敷の敷地にアメリカの国旗がたなびいていましたが、まったく違和感がなかったのが印象的でした。 
 違和感も呑み込んでしまうほどに、庄屋屋敷が持っている「力」なのかもしれません。
 


4/5

 恒例の家族で花見。

 毎年、夜のお弁当持参なのですが、今年はカセットコンロを持っていき焼き鳥。
 
ところが、警備員さんが来て

「火器は使用禁止なので今すぐやめてください。苦情が出てます」

「えーっ!?、そんなん書いてましたっけ。去年あちこちでやってましたやん」

焼きかけの食材どないするねん。
「つぶし」がきかん!
 
IMG_1540-1.jpg


今年から「太陽の塔」の目が光っているのです。これは市民にとっては大きな出来事なのです。
 
IMG_1579-2.jpg


4/6
 
 
ハービス大阪の住宅無料相談会に出席。
 夜、吹田夏祭りのイベント会議に出席。
夏と言えばもちろん・・・お楽しみに。

 

4/7

 小学校の入学式に来賓出席。
 
最近は入学式も30分で終わります。びっくりしました。じっとしてられない子供が多いんですね。 


4/8

 中学校の入学式に出席。校庭には桜
 息子も新1年生。制服がやけに大きく感じました。

IMG_1586-3.jpg

 今年からPTA会長をやることになったので、挨拶をしました。

 
保護者として出席した相方によると、ワタシの会長挨拶の「受け」はよかったみたいですが、「話が長い」、とあとで言われてしまいました。
 
短く、適格に、そして心に残る・・・それは難しいです。 


4/9
 
 「ペットと暮らす家」の打合せ日。そして契約。「サクラサク」。

 
 1
か月前、初めてご夫婦とお話しさせていただいた時、とてもいいお人柄に、「ピピッ」と来るものがありました。
 
 ハウスメーカーや設計事務所を回ってこられましたが、最終的に私どもに設計を委託していただいたことに感謝です。
  
 ペット専用の吹き抜けがある部屋もあります(猫がたくさん)。
ペットを飼っていないワタシですが、これから色々勉強させてもらいながら本格的に設計です。完成も楽しみです。


 4/10
 
 半年以上前から進めている物件の設計がようやく動き出しました。
 
理事会を通してですが、100世帯以上の住民の方の同意が得られたことに「ホッ」と胸をなでおろしました。「サクラサク」です。 


4/11

 
 和歌山県の紀泉アルプスの縦走に行ってきました。工程10km。
5時間歩きました。

CIMG0516-1.jpg

 山頂は桜がたくさん満開でした。
帰宅してからのビール、最高でした。 


4/12
 
 姫路で進めている「中庭のある家」の地鎮祭に行ってきました。


 姫路駅南側を南北に走るメイン道路からよく見える場所に建ちます。
 
2階建て「コの字型プラン」で、まん中が中庭になっていますが、2階が生活のメインとなっていますので、中庭も空中にあるような浮遊感を楽しめる住宅です。

CIMG0532-1.jpg
 ちょっとぬかるみです

 自称「雨男」のワタシ。
 地鎮祭や棟上げは雨の日が多く、この日姫路はすごい雨でした。
桜の花びらも道路や溝にたくさん落ちていました。
 
でもこれは新緑の季節へ移り変わる「恵みの雨」。雨降って地固まる。・・・です。  


以上、桜の1週間でした。

これからは新緑の季節ですね。


By Ryuわーい(嬉しい顔)
posted by ばばちゃん at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

春休み

 忙しさも手伝って、毎日バタバタしている自分に御褒美と家族サービスをかねて、先日鳥取県は大山に行ってきました。
 
 家族で旅行は1年ぶり。
片道車で約4時間。
 

春の大山は少しまだ雪がありました。

_MG_8036-1.jpg

 
 宿泊先は大山麓の別荘。

 
 別荘といってもワタシのではなく、7年ほど前に設計させてもらった、伊丹市で開業医をやっておられる先生所有の別荘をお借りしました。

_MG_8087-1.jpg_MG_8039-1.jpg 


 
二日目はあいにくの雨でしたが、ちょっと足を延ばして島根県の「出雲大社」まで。

 
古代の御神殿(下の想像図)はさすがに迫力あります。

 どこそこの設計コンペにでも出てきそうなきわめてコンセプチュアルな形体ですが、こんなものが太古の昔に造られたことを思うと、創造エネルギーのすごさに驚かされます。
 
_MG_8056.jpg
この階段すばらしい! でも登るのたいへん


 また本殿を背にして、参道から街をみると、そこには一直線に伸びた道路があり街の中心へと向かっています。街と神殿との関係が明快です。

_MG_8060-1.jpg


 お昼は名物出雲そば。

 関西の薄い味に慣れているので一口目はちょっと癖を感じましたが、食べ終わってからもう一杯欲しくなる味でした。
  

 
 夕方米子に戻り、米子といえば、近くに境港があります。

 
 時期はちょっと遅いかもしれませんが「蟹」を食べるというのも目的の一つでしたので、さっそく直売センターに行きました。

 
 「あれっ?やってない!・・・・  なんで?」

 
 「今日定休日やん!・・・・サイアク〜」

 あわてて、子供に携帯のネットで蟹が安く購入できる別のところを調べてもらい、車を走らせました。
 (ワタシ、携帯のネットやったことないのです。なんかあとで法外な請求がきそうで・・・)
 

 店について早速、威勢のいい兄ちゃんに値切り交渉。蟹3はい4800円を4000円に。
 交渉成立。
 
マグロのブロックや甘エビも安くしてもらいました。
 
 いやはや、すっかり大阪商人になってしまいました。

 でも大阪で買うよりはるかに安いから、「安かろう悪かろうかな?」なんて心配したのは杞憂で、別荘に持ち帰り食べてみると中味はぎっしりでした。
 
 蟹はホットプレートで蒸し焼き。マグロはマグロ丼にして。

 もちろん、カニみそたっぷりの甲羅酒も忘れず。

 いい加減なレストラン行くよりずっとエコノミー。
 



 3日目は安来にある足立美術館へ
横山大観と北大路魯山人の作品を観てきました。
 
 魯山人は芸術に「遊びの心」を入れた人で、もし今も生きておられたら、あくせく働く現代人に確かな警鐘を鳴らしてくれているに違いないと思いました。
 


 またここは枯山水の庭園でも有名ですが、変わったところでは実際の庭園景色を掛け軸の中に入れた部屋があり興味をそそりました。
 
_MG_8142-1.jpg

_MG_8132-2.jpg
ちょっとわかりにくいですが左に掛け軸(実際の景色)右が仏壇


 久しぶりの骨休めでしたが、悲しいかな旅先まで、考えかけの平面プランとスケッチブックを持って行って、酒の酔いと葛藤しながら夜遅く相方と打ち合せをする始末でした。

 
 
これってどうなんだろう・・・と思いながらの楽しい大山旅行でした。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

毎日が日曜日

 仕事柄、休日はクライアントとの打合せが入ることが多く、午前中はA氏、午後からBさん家族・・・というふうに何週間先まで詰まってしまうことがあります。・・・・・ありがたいことなのですが・・・

 
 ウィークデイは、仕事の合間を縫って、掛け持ちでやっているイベント会議に出たり・・・(ちなみに4月、吹田で「さくら祭り」。5月には産業フェア(今年は食博がテーマ) が開催されます。)、土日行けない分の買い物に行ったり、催しものの見学に行ったり・・・・


 そんな生活をずっとやっていると感じることがあります。

 ・・・・「今日何曜日やったかな?」
 

 「色んな事やってしんどくない?」と聞かれることありますが、社会活動はしんどいと思えばしんどいものです。
 
 ただ、いろんな分野の知り合いが増え、自分の考え方の幅も同時に広がったりして、様々な面でプラスの方向に展開していく楽しさがあります。

「毎日が日曜日」・・・・そう考えるようにしています。
 



さてこの2月の後半まとめて日記・・・


2/13

教えに行っている専門学校の学生による設計作品展がありました。

 IMG_7899-1.jpg

そしてまた
今年も大阪府下でやっている「あすなろ設計コンペで」また教え子から入賞者がでました。 


2/19

相方が二度目の手術。
といっても今度は乳癌治療後の形成手術。日帰りでした。
これって保険がきかないんですね。金額見てびっくり。

迎えついでに支払いに行ったら、病院と言うより「エステサロン」みたいな雰囲気で、待合で待っている時「男がこんなとこ来てええんかいな」と思うくらいのとこでした。
 


2/20

昨年、吹田で完成した住宅の竣工パーティーに招かれました。

吹田と茨木市街が一望できるところで、「バルコニーに出て、風に吹かれながら、こんな景色を見てビールを飲んだらうまいやろなあ〜」
と思ってしまうほど。

 CIMG0111.jpg



2/21

ダニエルクラブ主催のトレッキングに参加しました。
前日のお酒が少し残っていましたが・・・・・、

今回は
鵯越(ひよどりごえ)から六甲山を縦走して新神戸まで
時折、神戸の市街地を見降ろしながら、約5時間ひたすら山道を歩きました。
ひざがガクガク・・・
 

CIMG0143.jpg


2/27

姫路から、施主さんと工務店さんに来ていただき、朝から3者打ち合わせ。
お昼ごはんに私が作った「中華丼」・・・皆さんに受けて満足です。

でもあとで次女いわく
「ほんの少し味が薄かったで〜」


2/28

午後から来客予定が入っていましたので、車で高速飛ばして午前中女子大の建築作品展見に行ってきました。とんぼ返りの強行でしたが、たくさんの作品が展示してあって、エネルギーを感じるものも多くあり勉強になりました。

CIMG0170.jpg
 


オリンピックに釘づけになりながら、バタバタの日々。

 
フィギュアの浅田真央、残念でした。あの涙は悔しい思いもあったでしょうけどそれ以上に、自分が許せなかったんだろうと思います。No1は負けないからこそNo1。見ていて胸が熱くなりました。


キムヨナ選手・・・、演技を見た時、「なんやこれは・・・怪物みたいな選手や」と思いました。
からだ全体から発する華麗さと風格のオーラはすごいものを感じました。グイグイと人を惹きつける。

パシュートもおしかったです。100分の2秒の差。


それにしてもオリンピックに出られるというのはとても栄誉なこと。医者や弁護士、政治家になるよりはるかに難しい。ましてメダルとなれば・・・


諸外国ではメダルを取れば一生食べていけるよう国が保障するところもあります。
日本もそういう制度に変えて行ってもいいと個人的には思います。
それだけの努力をして、人に夢と希望を与えてくれているのですから・・・・。


2014
年はロシアのソチ、選手にとって4年後ははたして長いのでしょうか・・・・


By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

楽しい家づくり

 大阪市内でまた住宅が完成しました。
 
 設計に8カ月、工事に半年。やりがいのある仕事でした。

IMG_7858-4.jpg

 建て主の方は、最大手の事務所で管理職をやられていた方で、私どもとは面識がありませんでした。
 
 知り合いにたくさんの建築家もおられ、設計とは何かをよく理解されておられる方だけに、私共を指名していただいたことに感謝と同時に、身の引き締まる思いでした。
 
 
 「造る」という行為に対して大変ご理解のある方でしたので、工事中私どもから提案した内装などの設計変更にもためらうことなく決断していただきました。

  とはいえ自分の中では「楽しくやろう」と決め、打合せはいつものようにワイワイガヤガヤ。時にワタシの手料理とお酒を楽しみながら・・・


 工事をしていただいた工務店さんにも大変苦労をかけました。
 機能やデザインで要素が多い分現場担当者は大変だったに違いありません。
 

 現場が終わって会社に帰ってからもう一度図面とにらめっこしている光景が毎日のように伝わってきました。

 
 図面上の質疑や納まり検討のFAXが来るのはいつも夜の11時をまわってからで、急ぎの時はその日の内にワタシが電話をかけて指示を出す・・・・。
 
和気あいあいとした中にも緊張感があり、それが楽しさであり、いいものを造り出す基本ではないかと改めて思いました。 

 よく、設計者と現場監督は工事中に犬猿の仲になる・・・と言われる事がありますが、ワタシはあまりそういう経験がないのです。(自慢ではなく・・・)


 
 人間関係が楽しくなければいいものは出来ません。何でも言い合える関係を築くことが近道だと思っていますし、そのためには現場担当者や棟梁など一人の職能者として敬意を払うことを忘れてはならないと思っています。

 _MG_2957.jpg
                              

話がちょっとそれましたが、家が完成し引き渡しを終えると、ほっとする半面ちょっとさみしい気持にもなります。毎回ですが・・・

でもまた落ち着いたら、ホームパーティーに呼んでいただくこと、今から楽しみです。

_MG_3025.jpg
ドレッサーコーナー
トップライトの光が優しく気に入ってる空間です


By Ryuわーい(嬉しい顔)


posted by ばばちゃん at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

俯瞰

 ドライブがてら「司馬遼太郎記念館」に3人で行ってきました。 
 
 暇があれば「車で出かけたい派」なもので・・・。


 2
年ほど前の夏に訪れたことあるのですが、改めて行くとまた違った新鮮さがあります。
 


 ワタシが司馬遼太郎のファンになったのは、学生の頃読んだ「覇王の家」がきっかけでした。 
 
 徳川家康の生涯(特に若い時)が書かれてあるのですが、歴史の授業で習っただけのものを、そこから自分なりにイメージを膨らませた家康像とまったく違っていたのです。
 
 
 家康の性格が「聡明、小心で律義、極めて普通の人」という視点で描かれていたことに、「そんな見方があるのか」と、学生のワタシには、とても新鮮なものとして飛び込んできたのを覚えています。
 
IMG_7722-1.jpg


 さて、改めて記念館を訪れ、見学していますと自筆で書かれた文が目に飛び込んできました。 


 「
希望は天上にあり、實行は脚下にあり、後生須らく實行の人たれ


 司馬遼太郎が学生の頃「卒業生片言」の中で書いた文です。


 これを読んだ瞬間、


 「すごい!」  
と思いました。
 
 まず、17歳にして俯瞰したような観点の高さには驚かされます。

 その後生涯を通し「日本人とは何か」を研究し続けた氏の片鱗を垣間見ることができる一文だとも思いました。
 

 
 振り返って、自分はどうなんだろう・・・・。

 
 できないことを人のせいにしたり・・・・つまらないことを愚痴ってみたり・・・・

 人間だからそういったことは当たり前なんだろうけど・・・・。
 でも幾つになっても日々進歩したいとは思う。
 
 
 何をするにも志や観点が低いと、突き抜ける聡明さや実行力は現れてこないもの。

 自分の置かれている場所を俯瞰することは、難しく勇気も要ります。
  

 
 日々の生活を省みて、改めて考えさせられた記念館の訪問でした。


By Ryuわーい(嬉しい顔) 

posted by ばばちゃん at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

3連休終わって

 3連休も明け、1週間にわたるお正月の行事も終盤になり、ようやく本格的な仕事モードに突入しました。
 
 1
6日には商工会議所の新年懇談会に参加。

 レセプションホールに入りきれないくらいの人。
 
 昼の11時半から会頭、市長、議会の挨拶、そして懇親会。
 
 1時過ぎには終わるのですが、お酒が入りますので、「今年もよろしく」と、年賀の挨拶だけしてあっさり帰宅出来ないのがサガ・・・・・お正月だから・・・
 と、ついつい今年も懇談会に来ていた仲間と夜遅くまで親交を深めることになってしまいました。
 

 
 3
連休初日は、例年通り、今宮戎に行って商売繁盛の祈願。

 
 本殿の最前列に行くには、押し合いへしあいの中を頑張って行くのですが、「痛っ!」
と思えば、頭にお賽銭が・・・小銭の当たり年かな?などと、すべてポジティブに・・・ 
 吉兆の飾りも昨年より増やしました。

 今年もよろしくたのんま〜す

 IMGP0378-1.jpg
 

  10日は姫路へ。

 仕事の打ち合わせを兼ねて、凧揚げ祭りを見に行ってきました。

 生れてはじめて見る大凧や連凧。さすがに圧倒されました

IMG_7605-1.jpg  IMG_7648-1.jpg

 
 会場では「凧揚げキット」なるものが売ってましたので、その場で作り何十年振りかで凧揚げを。
 
 大阪では凧を揚げる場所もないので息子は大喜びでしたが、ワタシはここでも「上昇運をあやかろう」
 


 お昼に近くの飲食店で食事をしていた時のこと。

 
隣に座っていた母子連れの家族が注文したものが来るのを待っていたのですが、その間母親はずうーっと携帯電話を触っていて、子供はひとりポツンとしていたのです。会話がありません。 
 
 注文したものが来た後もほとんど親子がしゃべることはありませんでした。

家でもこんな感じなのかな?などと考えていたら、なんだかちょっと寂しい気持ちになりました。
 
 
 我が家で食事中にメール打ったり、イヤホンで音楽聴いたりはないですが、もしそんなことしていたら即座に「何やってんねん!」とゲンコツもんですが・・・・

 
 食事中に新聞読むお父さん!子供はちゃんと見てます。
 

 ちょっと考えてしまった日曜日の1コマです。


 11日は娘の成人式。
 
 男性陣より女性陣の方が大人びて見えてしまいます。

 ワタシが成人式を迎えたのは32年前。普段着たことのない背広を初めて着て、年配の人から見たら「全然似合ってない」って思われていたんだろうな・・・・
 
 あの当時は何に希望を持っていたのかよく憶えてないのですが、「とにかく何かやりたい!」と漠然と思っていたのは確かなのですが・・・・
 
 
 不景気で就職難。物だけは昔より溢れている。色んな意味で住みにくくなっているかもしれません。
 

 若い人が希望を持てる社会って、どんな社会だろうと考えた3連休最後の日でした。

 
By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

今年もよろしくお願いします

 新年明けましておめでとうございます 

不景気風に負けないよう、元日はちょっと財布に無理をしてもらって伊勢海老のお雑煮で。

IMG_7577-2.jpg


室内の飾りつけは、盆梅。
これ、相方が作りました。

IMG_7588-1.jpg


 

 年末に締めのブログを・・・と書きたいこと山ほどあったのですが、30日まで仕事をして、31日に大掃除。
気がつけば年が明けていた・・・・なんともバタバタで・・・・。 


 さて新年に当たり今年の目標・・・・

 
毎年同じことを言ってますよね。 でも新年ですから。 

 
 月並みですが、「頭と手と足を動かすこと」・・・・でしょうか。
 

 
 昨年、娘がイタリア研修に行った際、スケッチブックに、行く先々で見た建物のスケッチがびっしり描かれていました。

F1AAACBE-1.jpg

 

 これを見たとき、自分が若かりし頃、建築を夢見て、暇があれば「絵」を描いていたのを思い出しました。

 
「絵」にすることで、漠然としたひとつの想いが昇華し完結する・・・そして次のステップへ・・・
そんな創造のスパイラルを担ってくれます。

 「幾つになっても(歳をとっても)この気持ちは忘れてはいけないなあ」と改めて感じたからです。

 建築家の神髄は「思い(想い)描く」こと。
 
 
最近はパソコンやCGを駆使したものが主流ですが、どこか味がありません。
 
やはり自分の手で想いを紙に描く・・・これは忘れてはいけない事だと思っています。 


 そして、もう一つの目標・・・・・お酒を控え、運動、運動、運動・・・・
 
 これはたいへんふらふら


 
  本年もどうぞよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)

                                       By Ryu


posted by ばばちゃん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

昔むかし

 むかし、むかし、あるところに・・・・

 ではありません。

 ちょっとイベントのご紹介を・・・・

 ワタシがボランティアで参加活動している、浜屋敷(正式名:吹田歴史文化まちづくり協会)で、来週月曜から、むかしの遊びや日本の伝統芸能、工芸などの実演、展示などがあります。

 
 吹田市市制70周年のプレイベントとして、スタッフ一同、力を入れて取り組みます。
ちなみにワタシは初日の式典の司会や他もろもろ担当しています。ビールの売り子もします。  

 イベントは盛りだくさんで紹介しきれないくらいですが、
 
 
 人形劇、からくり人形展、講談、浪曲、落語、人形浄瑠璃、民話
 
 
 伝統工芸展、昔の長屋、大道芸、骨董市 などなど
 

 「むかしのくらしや遊びって、どんなんだろう」と興味が湧きましたら、ぜひ遊びに来てください

場所:吹田市南高浜町6-21   浜屋敷内 06-4860-9731


日時:11/23(祝日)〜11/29(日) 一週間ぶっ通し

詳しくはこちらhttp://www.sutv.zaq.ne.jp/ckbni208/


genkan1.jpg

 浜屋敷の建物です。ここでイベントやります。

 よろしく

By Ryuわーい(嬉しい顔)


posted by ばばちゃん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

山歩き

 日曜日、岩湧山のススキを見に行ってきました。
 
 昨年今年と、仕事でお世話になった方が主催している「ダニエルクラブ」というアウトドア愛好会に参加させてもらいました。その日は男女合わせて11名のハイキングでした。
 
 
 ハイキング行程は滝畑ダムから岩湧山山頂、紀見峠駅まで約9qの道のり。
  (ダイヤモンドレール)
  


 山頂までの道は秋らしさがいっぱい。何枚も写真撮ってしまいました。

IMG_7106-1.jpg     IMG_7089-1.jpg
                                スギ林は光のシャワー
 
 
 学生の頃、ひとり歩いて旅行するのが好きでしたから、今回のような山歩きもそう苦にならないだろうと思っていたのですが・・・
  
 
 ワタシより年配の方もたくさん歩いておられ、足取りが軽やかなのを見て
 「負けてられんなぁ〜。やっぱり普段の運動!」を実感させられました。
  

 
 あと少しで山頂・・・・・・一面の銀世界です。

IMG_7120-1.jpg
 

IMG_7114-1.jpg
  おとぎ話に出てきそう     

こんな風景ちょっと病みつきになりそうです。


秋を満喫した1日でした。


By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

ささやかな贅沢

 すっかり秋らしくなり、食欲も自然と出る季節がやってきました。


 そんな食欲の秋に味方になってくれるのが「七輪」です。



 IMG_6983-1.jpg

 
 一番下の子供(小
6)が「七輪買ってほしい」と言ったのが買うきっかけになったのですが、正直それまであまり気にかけなかったのです。

(子供がこんなもの欲しがるなんて、ちょっと変わってますが・・・)

 

 せっかくだから贅沢に「焼き松茸」・・・・・と行きたいところですが、財布と相談しても返事が返ってこない時が多いので、エコノミーに冷蔵庫にあるものを、アルミホイルに包んで焼いたりすれば、フライパンとは違う味を発見します。

 

 後片付けも思ったより簡単で、残った炭は消し壺に入れておけば次回から消し炭として使えます。

 
 もしかして、秋の風情を満喫する


「ささやかな贅沢・・・」

 

かもしれません。

By Ryuわーい(嬉しい顔)




posted by ばばちゃん at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

胡蝶蘭

 胡蝶蘭を頂きました。

IMG_6792-1.jpg


 この花は、新装開店とかでよく見かける花です。

しかも高価な花なので、あまり普段は縁がないのですが、家の中にどっかりと置くとやはり「華」があります。

 

 花言葉は「あなたを愛します」 「清純」 「幸せを運ぶ」等など。

・・・・

 でも頂いたのは男性からです。・・・・・???

 

 9月に完成したビルのリニューアル工事。

それらに携わった、事業主の方はじめ建築、設備、それぞれの責任者の方々を我が家に招いて


「ワタシの素人手料理によるお疲れさん会」

を先日開きました。
花を送ってくださったのはその方々です。

 


 子供がすっぽり入れるくらい大きな箱で送られてきた時はさすがにびっくり仰天しましたが、やることが飛びぬけていてしかも新鮮で楽しい気分にさせてくれました。

 
IMG_6720-1.jpg

上の写真・・・後片付け終了後で料理が並んでないのが残念です
もちろんワタシの料理も楽しんでいただきました。(自画自賛)


 いつも建物が完成したあと、タイミングが合えば関係者みんなでパーティーをします。

事業主、設計者、工事関係者等など、仕事をしている時、縦の関係はあってもそんな事とはべつに縦横関係なく、楽しくやるのがワタシは好きです。

 

 胡蝶蘭に隠された「あなたを愛します」・・・・は

裏を返せば、今日の料理楽しみにしてますよ。パーティー楽しくやりましょう・・・・


 そんな洒落たひとひねりがあったかどうかは疑問ですが、花って面白いと改めて思いました。

 
By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

健康その2

 1年に一回の定期健康診断に引っかかってしまいました。

 

 その後の再検査の結果も同じで、先生から「お酒控えてください」と言われてしまいました。


 ちょっとつらい!・・・が本音
 

 自分の病状への心配ではなく、お酒を控えることが・・・です。

 

 診察室で
「お酒控えてもらって、
3ヶ月後に再検査します」

と言われたので、すかさず

「今から3ヶ月後いうたら忘年会シーズンじゃないですか!それはちょっと・・・せめてその前に検査してください」


 先生笑いながら

「治す気あるんですか?」

 


 毎夕、キッチンに立つワタシにとって、ビールと焼酎片手に料理をするのが何よりの楽しみ。

キッチンに立つと飲みたくなる・・・まあ条件反射のような・・・

 
 それが証拠に、ワタシが外出や会議などで帰宅が遅くなる時は相方が全部料理を作るのですが、帰宅して食事の時はせいぜい缶ビール
1本・・・
 
 ・・・(というても、やっぱり飲むんや・・・言い訳になりませんかね)

 

 確かに
50歳を過ぎたら自分の体、内側から変えていった方がいいかな?

と思ってはいるのです。
 コップ一杯のビールで酔っぱらっていた学生の頃に戻りたい・・・と思うことも。

 

 

 何かにどっぷりとつかってしまって血流(お金の流れ)が不健康になってしまった政治を根本から改革し、新しい政治の流れが起き始めています。

 
 時代そのものが変革の時期にきていて、国を健康体に戻すということは、様々な業界で「がまん」と「創意工夫」を強いられることになるでしょう。
 
 今まで「あて」にしていたものが、無くなってしまって仕組みが変わりますから、色々なところで反発がくるのも当然なのですが、でも本来の「治す」というのはそういうものではないでしょうか。

 むしろそれを早く認識するか否かで、これからは勝ちが決まるようにも思います。 

 身体を内側から変える・・・自分がやろうとしていることと、これからの日本・・・・
 なぜかダブって考えさせられました。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

ラベル:定期健診
posted by ばばちゃん at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

さくら

夜桜見学しました。千里の万博公園

 

去年はワタシが弁当を担当しましたが、今年は子供3人で作ってくれました。


仕事が忙しい時は助かります。

大好物の「いなりずし」が入っていて、ワタシはご満悦。


 

「桜と太陽の塔」を昨年同様、写真に収めました。

毎年同じテーマですが、見方を変えれば、シーンも変わりますので、新しい発見もありました。

 

写真の羅列になりますが・・・ご紹介。


IMG_5428-1.jpg

平日ですが、すごい賑わいです


IMG_5474-1.jpg

これは公園の入り口付近です


IMG_5452.jpg

IMG_5473-1.jpg


IMG_5464-1.jpg
望遠で撮影

「インディジョーンズ」や「ハムナプトラ」で出てきそうな雰囲気です

昼間撮るとまた違った表情を見せてくれます。


IMG_5461-1.jpg

「20世紀少年」に出てきた・・・・あれです


IMGP1378-1.jpg

これは朝、散歩する時の通り道にあるサクラです


それにしても、桜の樹の下にいると、空間に異変が起きたようで
日常の嫌なことを忘れさせてくれる・・・ホント「癒しの樹」ですねぴかぴか(新しい)


By Ryuわーい(嬉しい顔)



posted by ばばちゃん at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

味覚中枢

 名古屋に行ってきました。

目的は、「いちごスパ」を一度食べてみたかったから・・・

 

 車で新名神を飛ばすこと3時間弱

喫茶「マウンテン」はありました。


 前回の美富士食堂も一番乗りでしたが、今回もやはり一番でした。

でも、人気の店だけあって、30分も経たないうちに、店内は常連のお客さんでいっぱいになりました。

 


 みんな違うものを注文して、仕上げに「いちごスパ」でビシッ!と決めよう!・・・・

 

 のはずが・・・・


 またしても計画が甘かった・・・!のです

 

 それぞれ注文したのが、
タコスピラフ、納豆味噌ピラフ、焼き肉丼、大人のお子様ランチ、照りチキピラフ。
量が多いのでお腹いっぱいになります。

 

そこに、いちごスパ登場。

 

P1030283.jpg


一口食べて・・・


????


「この世にこんな味が・・・・ありえへん!」

想像していたのとは違う、初めて出会う味。

未来の味?・・・・・味覚中枢が裏返りそう。

娘二人は一口食べて白旗あげました。

 

 でも周りでは、この「いちごスパ」注文してる人多くて、みんな美味しそうに食べていました。

世の中にはいろんな味覚の人がいるもんです。改めて思いました。

 


気を取り直して、名古屋に来たら是非見ようと思っていた建物が、下の写真

 
IMG_5409-1.jpg

 

モード学園です。


 ひねれている外壁は、衣装を表現してるような・・・。ワタシには和服に見えました。着物の袖で顔を隠すお淑やかな日本女性。

 

  最近こうした超高層ビルは、世界的にも、曲線やひねったりするデザインが多いです。

難易度の高いものに挑戦しようとする、構造デザイン計画の競走にみえてきます。

 


 そのモード学園の隣にある。ミッドランドスクウェアも行ってきました。

おそらく夜のデートスポットとしては最高でしょう。

IMG_5391-2.jpg
夜景はきれいでしょうね

By Ryuわーい(嬉しい顔)



posted by ばばちゃん at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

二つのなごり雪

 春は別れと出会いの季節。

この時期になると、さみしさと希望が複雑に混ざり合います。

 

 先日、学生と建築ツアーをしました。


 途中立ち寄った小学校。
木造で小学校建築では結構有名なので、見学に。

 

 そこで撮った下の写真。

 

弘道-6.jpg

 
 6
年間の思い出を「ぎゅっ」と閉じ込める風景やなぁ〜・・・

 そう感じた瞬間シャッターを切りました。

 

 教室、たのしい給食、日直当番、終わりの会と掃除、そして卒業と入学を見守ってきた校舎・・・。

 ほうきとチリトリが思い出の引導であり象徴のように思えたのです。

 

           ・・・       ・・・      ・・・

 そんなセピア色の原風景と「別れと出会いの春」を重ね合わせてみれば・・・・

・・・ふと写真を撮りながら思い出したのが「なごり雪」

 

 作ったのはかぐや姫メンバーの「伊勢正三」。

歌詞の舞台は東京駅となっていますが、伊勢さんのイメージは郷里大分県の津久見駅です。

 

 この歌、「イルカ」もうたっていますが、二人の歌い方を聴き比べると全く別の歌に聴こえるのがなんとも不思議なのです。(ワタシだけかな?)

 

♪君が去ったホームに残り、落ちては解ける雪を見ていた・・・

♪今、春がきて、君はきれいになった・・・

 

 意味するところが全く違うフレーズが、1曲にちゃんと共存しているところがすごいと思います。

 

 伊勢さんが歌うと、妙に「春の別れ」が強調されるように思えてしまうのに、イルカさんが歌うと「春の希望」のように聴こえてきます。

 

 歌っている人のイメージからなのか、サビの歌い方の違いなのか、よくわかりませんが、いろんな感じ方ができる大変「詩的」な歌だなぁ、と改めて思います。

 

 この二つの「なごり雪」

他の人はどう感じながら聴いてらっしゃるのでしょうか。

 

 
 校舎の写真を撮りながら、別の世界のことを考えてしまいました。

 

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

うしろ姿

ブランドのジーンズショップ、Goods 2号店がオープンしました。


一昨年のブログには1号店を掲載させていただきました。
                                  
IMG_5222-2.jpg
2号店 


IMGP0502-2.jpg
1号店

 1
号店よりインテリアデザインで関わりを持たせてもらいましたが、この2号店は前回よりデザイン的にはあっさりとした仕上げとしました。

 
 

 ところでこのジーンズ・・・

 
 スマートに履きこなすのはなかなか難しいようです。

 かっこいいジーンズの要はなんといってもうしろ姿。


 向こうから近付いてくる姿より、横を通って過ぎ去ったあとのシルエットが綺麗だと
「似合ってる!」と思わず見とれてしまったりします。

ジーンズのポケットにたくさんの刺繍や飾りがあるのはそんな所に意図があるのでしょう。

 


 ジーンズに限らず、デザインされたものは特に「うしろ姿」が大事ではないでしょうか。


 その一例が車車(セダン)

 
 欧州車はだいたいどれをとっても、うしろ姿(ヒップライン)がきれいで洗練されてると感じています。

 日本車は、性能はいいのですが、「うしろがブサイク」というのがよくあります。

日本の伝統、着物は帯や襟足など、うしろ姿の美しさに「技」があるのに車にないのはちょっと残念です。

 そんなこと思ってるのはワタシだけでしょうか。

 

 公衆で、自分が出したゴミを、そのままにしておいても平気・・・・という人が最近増えています。

ちょっとはずかしい限りですが、こういう人はやはり「うしろ姿」に鈍感なのかもしれません。

 

 美しさは「うしろ」にある・・・・


 あらためて考え直してみたいものです

 

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ひずみ

 ストレスとは心理的、生物学的には「歪み」の意味

   
 最近気づきました目手(パー)
 


 知らず知らずに ストレス=ひずみ が、溜まっていくことを。

 それまでワタシ自身、基本的にはストレスを感じない方だと思っていました。

仕事で「疲れた〜」なんてあまり感じたことがないので・・・。、


・・・というか、生来「のほほん」としている性格なのか、しんどくならないよう、それなりに息抜きしながら楽しんで仕事をしてます・・・。


 のんびりですから、土日関係なく
1か月ぶっ通しで仕事しても平気なのです。

 

 世間でいう胃痛も、ほとんどありません。

たまに胃がムカムカするときは大抵、前日飲みすぎか、甘いもの食べ過ぎたときくらい。


人間関係に仰々しく気を使うのは好きではありませんし。
 

 何百人の聴衆の前でしゃべることも、イヤではありません。

むしろ「ワクワク」するタイプかもしれません。

 

 そんなワタシでも・・・・
 
 ってどんなワタシなのかよくわかりませんが、時折身体に異変が起きる時があります。


 まあ〜1年に1回くらいですけど・・・

 先日も顎関節症になって、口を開けるにも痛くて開けられず、
2週間くらい食事が苦痛でした。

 (でもお酒は休んでません・・・)


 以前はいきなり腰痛が来たり・・・ひどい肩こりに襲われたり・・・でした


 

 

 その顎関節症、調べたらストレスが一因・・・と書いてあってちょっとびっくりしました。

何の関係が・・・と思いましたが、


 「とりあえず、今度の日曜日は息抜きに温泉にでも行くか・・・」


と決めたら、少しずつ痛みが和らいで、口が開くようになり、
2日後には普通に食事ができるようになりました。

 

 自分では気づかないリラックス療法が功を奏したのか、たまたま治る時期と温泉行きが重なっただけなのかは、よくわかりませんが、やはり、たまには休めてリフレッシュすることの必要性は感じた次第です。


 そういえば、仕事が忙しく、ここんとこ休みなし・・・

・・・先日ブログに書いた美富士食堂に行ったのも、仕事のついででした。

 

 
 下は温泉の一角にあったレストラン。山の斜面に沿うように建っていて、とてもナチュラルでプロポーションもいいので写真をパチリカメラ
 周りの景色がガラスに映ることを計算してる所もいいです。

IMG_5216-1.jpg
高槻の森林センター

ついでにここで椎茸を1s摘みました。

夜のご飯は・・・・もちろん椎茸ざんまい。

By Ryuわーい(嬉しい顔)


ラベル:ストレス 余暇
posted by ばばちゃん at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

作品展U

 女子大建築学科の設計作品展を見学してきました。全部で50数点展示してありました。

 

 夢のある作品もたくさん並んでいて、プロから見ても「これはすごい」

と、うならせるやつもあって、結構楽しめました。

 

IMGP1291-5.jpg

 

 作品を見て、何より印象が良かったのは、CADを使わず全て手描きであることでした。

   (CAD=Computer Aided Designの略 パソコンで図面描くのです)

 何回も修正して、鉛筆と消しゴムのあとで図面が汚くなってイライラしながら建築をおぼえていったワタシの時代。

 

 ワタシより若い設計事務所の所長が、嘆いていました。

卒業したての若い所員に、ここの納まりを考えろ、と指示を出したら、いきなりCADをさわったので、怒鳴り散らした・・・と。

 

 その気持ちわかる!

 

 パソコンが自在に操れて、コンピューターグラフィックスも出来て、ITツールもこなして・・・

そんなのが「かっこいい!」と思わせてしまう今の時代もなんかおかしいです。

 

 デジタル技術がいかに進歩しようが、アナログには勝てないと思っているワタシにとって、ちょっと希望が持てた今回の作品展でした。

 

By Ryuわーい(嬉しい顔)

ラベル:手描き CAD
posted by ばばちゃん at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

何気ないひとことが

 大阪市内に建つ、ビルのコンバージョン(用途変更&リニューアル)工事がようやく終わりました目

 
 ワタシんとこも一昨年の夏から関わってきました。用途変更に関わる各法令チェックから始まり、主要な部分のデザイン等をやらせていただきました手(チョキ)


IMGP1287-3.jpg
11階建て
インテリアの写真はまだ撮れてません。
 


 工事が始まって、現場事務所での出来事。


 その日は、エントランスロビーにあるエレベーター周りの間接照明デザインについて、私が考えて提示したものを、オーナーさん、ゼネコンの現場所長、その他電気設備担当者など
10人くらいで打ち合わせをしていました。

 

 提示したデザインは波型曲線の集まり(フリーハンドで落書きしたみたいな)。


 自分が考えておきながら言うのも何ですが、見るからに施工は大変そう。


会議の席上から


「これはどういう意図ですか」とか

「・・・・・・(無言)」とか

このデザインやめてくれへんかなー・・・ふらふら


という心の声が、なんとなく聞こえてきました。

その日は結論がでず、保留になりました。

 

 次の週の定例会議に出席すると、その波型デザインの施工図(製作図)が出来上がっていました。

 

 あとで聞いた話ですが、ワタシが帰った後、現場所長始め、工事関係者みんな集まって
「何とかしよう」
というふうになったらしいのです。

 

 どうやら、ワタシが会議の席上で

「ここのデザインは命ですから」

と言った一言が、みんなを刺激したらしいのです。

 

「あの時、「命」とまで言われて、こっちとしたら、難しいから出来ません、なんて、そんな恥ずかしいこと技術屋として出来ませんからねぇ〜」


と、あとで、現場所長から言われました。

(この所長、男気あります)

 

命・・・言ったような、言わないような・・・・
 

何気ない一言。

言葉の力は大きいです。

 

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 10:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

満腹中枢

 日曜日、行ってきました・・・・滋賀は大津にある、美富士食堂

 

 たびたびテレビで、取り上げられていますので、以前から一度は行ってみたいと思っていました。

 

 
 大阪から車で
1時間弱。朝は食事を減らして、空腹を我慢して出陣。

 

 店には一番乗りしました。(すぐに混んできます)

 

 
 さて、私が頼んだのはカツカレー(大好物なんです)


 相方と子供が頼んだのは、中華そばとオムライスと肉うどん


 
P1030126-2.jpg 

カツは2枚 ご飯・・ひょっとして2合くらいありそう 


P1030125-1.jpg
中華そば・・・なかなかスープまでたどり着けません


さあ〜食うぞ〜

 

「・・・・・・・・・」

 

半分くらいまで食べたら一気にペースが落ちて後は自分との闘い。


残すなんてもってのほか!


食べ物を粗末にするとバチが当たる・・・

と小さい頃より教えられてきたので奮闘してなんとか完食!目 えらい!

 

P1030133.jpg
オムライスはお持ち帰りしました


店を出て歩いていると、胃の中に鉛が入った感じで、いやはや、たいへんでした〜

 

 ・・・・ 満腹中枢、刺激されすぎ。

もちろん夜は食欲出ませんでした。

 


 それにしても・・・ギャル曽根さん・・・あなたはすばらしい!の一言です。


By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

節分

昨日は節分、例によって例の如く・・・


豆まき・・・巻きずし・・・いわし


090203_1930~0001 .jpg

 

 豆まき・・毎年ワタシが鬼の役ですが、ちょっと腰を痛めたので、相方が・・・



 巻きずしは東北東に向かって、まるかぶりしました。


 中身は、ソーセージ、ホウレンソウ、たまご、かにかまぼこ、かいわれ・・・
 
 といたってシンプルで経済的




 イワシはオリーブオイル炒めにして・・・

 

  
 日本人ならではの季節の行事はやはりいいものですね。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作品展

 ブログが滞っているので、早く書かなければ・・・

・・・と思っていたのですが、

実は今まで使っていた事務所のパソコン、XPを
Vista Businessに買い替えて(相方も)、設定やなんやかんやで時間を一杯とられてしまいました。 

 

 XPで使っていた各種アプリケーションやプリンターのドライバーが使えず、いちいちネット上から拾わなくてはならず、それが済んだら、今度は「※※.dllファイルがありません」・・・またネット上で探してダウンロード。

 
 家のほうで使っているパソコンも何台かあるので、ネットワーク環境もやり直して・・・

いやはや、手間かかりました。


 実はワタシ、Dosの時代からパソコン使っていますが、いまだに、よくわからないのですもうやだ〜(悲しい顔)


 でも使ってみた感想は・・・

 ワタシ的には今までより面白く、使いやすいですね。
 間違って上書きしてしまったファイルも復元できますし・・・

 

そんなことは、まあ良いのですが・・・

 

本題へ

 

先日、教えに行っている専門学校の建築学科の学生による設計作品展が行われました。


場所は、大阪の中之島公会堂展示室。


111-1.jpg
模型や図面のパネル展示です

企画の言いだしっぺはワタシですが、学生たちも最初はしぶしぶでしたが、だんだんと脂がのってきて、最後は楽しそうに取り組んでいました。


ワタシはほとんど手伝いませんでした。


 来場者も予想していたよりもたくさんの方に来ていただいて、よかったと思っています。

 
 みんなで一つの目標に向かって取り組むのは、何回経験しても必ず自分の糧になりますし、全く知らない他人に自分の作品を見てもらうのは、勇気が要ります。

 でも建築は人間生活の基盤をなすものですから、自分の作品が自己満足に終わらず、人を満足させてはじめて価値が生まれる・・・という基本は、まず、「見てもらう」がスタートだと思っています。

 そう考えたら、今回のことで、学生たちもいろんなことを学んでくれたのではないでしょうか


 当日お越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

 

posted by ばばちゃん at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

御利益

 今年も十日に相方と一番下の子供をつれて、今宮戎神社に行って祈願してきました。


 世間では不景気風がビュンビュン吹いていますので、風で飛ばされないように・・・

という願いをこめて。


IMGP1219-1.jpg

 IMGP1221-1.jpg



 相変わらずの人、ひと、ヒト。押しあいへし合い。

 

 お賽銭は財布に入っている1円玉から100円玉を全部かき集め、財布を空に。

さすがに、お札をかき集めて・・・という勇気はありませんでした。


 笹に吉兆をつけますが、とにかく御利益がありそうなもの(お金がザクザク入りそうなもの)をつい選んでしまいます。


IMGP1227-1.jpg
  ワタシの事務所に1年間飾ります
 
 この吉兆、ひとつ
1500円からと色々ですが、買うときに値切る人もたくさんいらっしゃるみたいです。


 さすが商売の街、大阪。

ワタシも見習わなければ・・・でも値切って御利益あるのでしょうか・・・・。

 ワタシも含め、みなさんの商売繁盛・・・たのみま〜す。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

スタートしました!

 あけましておめでとうございます。晴れ

 

昨年の後半からは何やら急に公私ともバタバタと忙しくなってしまい、ブログも・・・

言い訳にはなりませんね・・・ふらふら

 

 今朝は毎年恒例になっている「七草粥」をいただきました。

 
 田舎からどっさりもらったお餅があるので、それも少しまぜて


kayu-1.jpg 


1
7日は「人日の節句」と言うらしいですね。(五節句のひとつ)


なんでも七草粥で新年を祝う日みたいです。

何も考えずに毎年食べていますが・・・
 

ついでながら、また調べるの面倒ですから、七草の種類と節句の種類を忘れないためにメモしておきます。

 

   七草・・・せり、 なずな(ぺんぺん草)、 ごぎょう(母子草)、 はこべら、
           
   ほとけのざ(おおばこ)、すずな(かぶ、すずしろ(大根)


   五節句・・・人日の節句(
1/7)、上巳(桃)の節句(3/3)、端午の節句(5/5)、
              
   七夕の節句(7/7)、重陽の節句(9/9

 

さて
今年の目標は・・・

 私・・・漠然としてますが去年よりは色んなことのワンランク上を目指したいです。
     服装も、人との応対も、持ち物も、趣味も・・・・欲張りや!

相方・・・野菜ソムリエの資格に挑戦するそうです。

子供3人・・・親が考えてるより子供は大人。遥か向こうを見ているに違いありません。


そんなんで今年も元気に頑張りますので、よろしくお願いしま〜す。手(パー)

By Ryuわーい(嬉しい顔)

ラベル:節句 七草粥
posted by ばばちゃん at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

運動会

 小学校のころの楽しみの一つに運動会がありました。

 

 理由は、勉強しなくても良い日・・・、お祭り気分が味わえる日・・・、そして走るのが好きだったから・・・

 「えっ?」ってどこからか声が聞こえてきそうですが、いやいやホントです。

リレーも好きでした。運動会とは関係ありませんが、鉄棒も得意でした。

ただし他のスポーツは出来ません。

 

・・・余談はこれくらいにして・・・本題へ

 

 日曜日息子の運動会を見に行ってきました。イベント


IMG_4903-1.jpg

 例のごとく朝から弁当作りでバタバタ・・・

運動会といえば必ず昔からデザートにミカンがついています。なぜなんでしょうね〜。

 

 学校の周りはビルがどんどん建っていって、グランドも広くとれない事情から、観覧は基本的に立ち見。

 
 それでも毎年、ビデオカメラをもったお父さんお母さんが必死で子供の活躍を撮っています。

小市民のワタシも、写真をパシャパシャ。100枚くらい撮りました。カメラ


IMG_4893-1.jpg
ちなみに息子です。走りは得意ではありません
 
 ビデオカメラで撮影しておられる横に立って応援するのはちょっと気を使います。


 カメラを持って写真を撮っていると、横にいたお母さんに嫌な顔されました。ふらふら
理由は、カメラのカシャン、カシャンという連写シャッター音がビデオカメラのマイクに入るからです。


 う〜ん、どうすればいいんでしょうね。

 

 それと今回感心したことがあります。

それは、昔の運動会での演技はすべて本部席を向いてやっていました。何といっても本部席には市議会議員さんなどのお偉い方が座っているのですから・・・

 

 これについて以前PTA会長に「本来子供が演技を見てもらいたいのは親とちがうかな?議員さんに見せても子供も親も喜ばないのにね」と話したことがあります。

  ワタシに限らず、ワタシと同じ意見を持っている人は多いと思います。


 誰のための運動会なのか・・・

 

 それが反映されたかどうかは分かりませんが、四方に向いて演技する種目が増えていたのでちょっと嬉しくなりました。手(チョキ)

 

 あと、自分の子供が運動場のどの辺りで演技をするのか、リレーでは何番目に走るのか、など出場種目の順番や場所を予めプリントでお知らせするという配慮。

 

昔はこんなのなかったです。

 

ワタシの母親いわく、昔は走りで一等賞をとると、ノートや鉛筆がもらえたというのです。目

「努力」 「頑張った人にご褒美」・・・
走りが遅いのは頑張ってないから・・・そんな時代だったんでしょう。

今は、出来る人、出来ない人個人差がある・・・そこから考え方をスタートする時代です。

どちらも一長一短ありますからどちらの考え方が正しいのかは分かりません。
 

運動会も少しづつ様代わりしてきていることを実感した一日でした。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

ラベル:運動会 お弁当
posted by ばばちゃん at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

役職ボランティア

 先日・・・といっても10日以上前ですが、商工会議所青年部の近畿ブロック大会が和歌山は橋本であり参加してきました。


 毎年、
1000人前後の若手経営者が一箇所の集まり、式典をはじめ、基調講演やその土地の文化に触れるイベントに参加したりと、経営者同士の情報交換ができる場として活用できることから、スケジュールが合う限り参加させてもらっています。

 
 今年は、評論家の宮崎哲弥氏の講演でした。
 (最近よくテレビで見ますね〜・・・講演の内容は・・・コメントは控えます)

 
夕方には
1000人が集う大懇親会にも参加し、帰路につきました。


 IMG_4732-1.jpg

懇親会 人だらけです。でも、み〜んなちゃんと食べてます。

 さて、このような大きな大会はいろんな価値観をもった人が集結するため、来る人すべてを満足させることはなかなか難しいものです。

 
 過去に私の所属する会議所青年部がこの大会を受け持ったことがあり、本当にたいへんでした。

 2年前からコンセプトを練り始め、1年前から本格的に準備等を進めていきます。

私は四つの分科会(イベント)の責任者でしたが、大会の運営責任者でもある実行委員長等は、東奔西走で表面に現れない苦労が一杯あり、極端を言えば仕事どころではない・・・といっても過言ではありません。

運営者全員が一丸となって取り組まなければ、なかなか成功しません。

 



 最近は学校でも、PTA活動などが下火になってきて、役員の選出だけで、もめるケースが目立ってきています。

 
 「そんな役したら損や・・・」という考えが先走って、役がつきませんように!・・・
 自分の大切な時間をつぶしたくない! 
 そんなの出来る人はヒマ人や!・・・と、そこまで言い切る人までいます。

 またみんなとワイワイするのは好きだけど、決め事には参加したくない・・・という人もいれば、その逆の人もいます。

 

 ワタシ自身はそういった役職に付くことは正直嫌ではありません。むしろカッコよく言えば自分自身を成長させるチャンスと考え楽しんでいろんな役職をやってきました。会長職もいくつかやらせてもらいました。地元吹田の産業フェアの実行委員も毎年やらせてもらっています。
 

 こういった役職に付きますと賛同してくれる人もいる代わりに、影でいろいろ無責任に言う人もいます。

ただ、それをいちいち悲観的に気にしていたら物事は進みません。

個々の不平より、全体の運営としてどうすべきか・・・そういう割り切りも必要です。


 そもそも影で色々言う習慣の付いている人は、山の頂上を見ながら最初から登ることを諦めて、諦めている自分を山のせいにしているのとよく似ています。


 日本人は昔から「お祭り」が好きなはずなのですが、マンションの高層化や核家族化、受験競争からくるひずみなど様々な要因が地域社会への参加を阻害しています。


 また個性の尊重という言葉が独り歩きしてしまって、社会参加しない=個性の尊重  という間違った図式が出来ていることも否めません。

 
 しかしかといって、いつも皆が集団で・・・というのもちょっとどうかとは思います。
  社会参加=集団 でもありません。
  集団になればなるほど、逆に誰かが疎外されます。

  適度な距離感は大切です。
  ここのところは正しく認識する必要はあります。
 


 時代が進歩するに従って、こういったボランティアの役職に付く人がどんどん減っていくことはとても淋しい限りです。


 役職のなすりあいではなく、自分の出来る範囲で、一人でも多くの人が地域のために役割を担ってくれる社会になってほしいと願う今日この頃です。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

ラベル:ボランティア
posted by ばばちゃん at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

もう少し歩いてみよう

 今日、淀屋橋から、堺筋を通ったり御堂筋を通ったり東西に動きながら難波までテクテク。

 
 目的はビルのデザイン観察(今やってる仕事の資料にするため)。バイトオフで暇そうにしているまだ夏休み中の建築学生の娘を連れて・・・

 
 お気に入りは写真をパチリ。中に入ってまたパチリカメラ


 しかし最近は監視カメラが回っている建物が多く、エントランスに入って写真を撮るのはちょっと勇気が要ります。


 受付に美女ならともかく、おっちゃんが座っていると
 「内にか御用ですか?!」
 とくる。

 世知辛いです。

 ゆっくり街を歩きながら観察していると、ビルの世代が分かれているのが分かります。


 ○昭和の初期に建てられた有名建築。
    ・・・これに出会いますと、なぜかホッとしてしまいます。


 ○戦後モダニズム全盛期の建築(一般ビル)
    ・・・これはまあ、大量生産時代の象徴ですね。


 ○ポストモダニズムが流行したバブル期の建物。
    ・・・これはデザイン的に耐えらないものが多いです。気持ち悪いです。
    意味ありげにうねるようなカーブの壁とか。(ホントは何も意味ありません)

    不必要な装飾。横ラインの縞々壁
 
 ○ポストモダン〜平成〜今の建物。
   ・・・シンプルが基本でガラスがたくさん。
   色も白、黒、アースカラーの組み合わせが多いです。

 

 この先はどんなビルデザインになっていくのでしょうか・・・
 少なくともビルの緑化は進むでしょうし、表情にも個性が出てくるでしょう。色ガラスは多用されるでしょう。


 

 おもしろいものを発見しました。


 和風飲食店の壁・・・しかも隣のビルとの隙間のところです。下の写真


 ねずみ色は波型のトタンです(小屋の屋根などに使うブリキ)

これ、京都など古い町並みなどに見ることが出来る「犬矢来」に見えてしまうから不思議です。

よく出来ています。


IMGP1001-1.jpg  inuyarai.jpg
    トタンの犬矢来               本物の犬矢来です


 今回の歩いてみようは、ビル観察ばかりでしたが、次回はまた違ったものを観察したいと思います。

By Ryuわーい(嬉しい顔)
posted by ばばちゃん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

歩いてみよう

 健康とメタボ対策のために、この夏毎朝6時から1時間、川の堤防をウォーキングとジョギングをしています。

 すこし走って、少し歩いて・・・これの繰り返し。心拍数110前後をキープ

 
 おかげでズボンのベルト穴ひとつクリアーです。


 いつも仲良く会話をしながら歩いている若いご夫婦。
 
 汗を飛ばしながら走ってくる美女アスリート。
 
 大阪のおばちゃんの十八番、溶接マンのような日よけ帽をかぶり、ぺちゃくちゃしゃべりながら  歩いてる人。(相手の顔みえてるのかなぁ?)
 
 犬に引っ張られながら散歩してもらってるご老人・・・・

 朝に出会う人は決まって同じ。


 でも、それぞれの一日のドラマのスタートがあります。

 


 今日は
10時に大阪市役所に行って、打ち合わせを済ませ、市役所内のドライミストの写真をパチリ。


080902_1055~01.jpg

 朝必死でウェーブをかけた髪もドライミストにかかれば、たちまちストレートヘアになってしまう優れものですが
意外と涼しいのです。
 それに街のオアシス的なところがちょっと魅力的。

 

 そのあと、本町で打ち合わせがあったのですが、何せ今は歩く自分が好きだから本町通りまでテクテク。
 おかげで打ち合わせの時間に遅れてしまいました。スミマセン・・・

 

 でもこれに懲りずまた帰りもテクテク。様々なビルのエントランスデザインをあれこれ見ながら、今やってる仕事のヒントないかなぁ・・・などと、ゆっくり歩き思索するのもまた楽しいもの。

 
 新しく出来たodona(淀屋橋三井ビル)もついでに見学。動線計画が明快でした。

 

 普段は地下鉄や車に乗って目的地に向かうだけで、景色を余り見ていませんが、時間のあるとき歩いてゆっくり見ていくとそこにまた、朝のウォーキングと同じように、街のドラマがきっとたくさん転がっていることでしょうね。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

ラベル:ドラマ メタボ
posted by ばばちゃん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

IKEA・・・

 話題のIKEAが大阪は大正区に8月オープンしたので、盆明け早々行ってきました。


 ゆっくり見れば半日は楽しめそう。


 店内はスポット的に住まいの提案をしているコーナーがあり興味をそそります。

北欧ブランドが効いているのかたくさんの若いカップルも目立ちました。


 手の届かない夢より、手ごろな夢を売っている・・・そんな感じがしました。

 

      なんといっても安い!!

 


ですので、結局なんやかんやと買ってしまいました。


 高さ
2mの組み立てCDラック、掛け時計、整理用収納BOX、ベランダ用椅子

 IKEA乾電池、ほうきとちりとり、鉛筆立て・・・



 でもこれだけ買って8,000
円ちょい。


     やっぱり安い!

写真は買った一部です。掛け時計199円でした。

IMG_4685-1.jpg


でも、雑貨をこんなに丁寧に並べた写真載せて何か意味あるんかいな・・・???
なんて考えてはいけません・・プレゼント


P.S
最初の投稿でスペル間違えてました。IKEYAじゃなくIKEAでした。ご愛嬌で目


By Ryuわーい(嬉しい顔)




ラベル:北欧 家具
posted by ばばちゃん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

千羽鶴

 千羽鶴が完成しました。

 
 ワタシと家内の共通の友人(仕事仲間)が急遽入院することになったので、娘(長女)の提案で作ることになったのです。

 
 もうかれこれ
20年の付き合いになります。長女が幼いころは家族ぐるみで一緒に旅行にいったり、私の事務所の仕事を手伝ってくれた時期もありました。

 
 昨日も見舞いに行きましたが、治療は副作用が予想される薬の投与を余儀なくされるため想像以上の体力を必要とするみたいで、この病気のたいへんさを改めて感じました。

毎日健康でいられる自分は幸せだなぁーと今更ながらおもいました。


身近な人が病気になるといつも思います。
神はなぜ「病気」という試練を人間に与えたんだろう・・・って
 
 千羽鶴は、たくさんの方の協力で出来上がりました。次女はクラスメイトに声をかけて何百羽も手配してくれました。ワタシが教えに行ってる学生達も手伝ってくれました。中にはひとりで
200羽織ってくれた学生もいました。ほんとに感謝します。鶴に糸を通す作業は家内や長女、長男がやりました。

 
 どうかみんなの願いが届くこと祈るばかりです。

IMG_4449-1.jpg  IMG_4454.jpg

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

建物見学・・・自分流

 本日4日、20年ぶりに京都は桂に行ってきました。


 夏休みということもあって、娘の建築の勉強を兼ね、行き先は「桂離宮」見学。

 2ヶ月前に予約をいれておきました。


IMG_4389-1.jpg
新御殿        中書院           古書院
 
 有名な建物を見るときはどうしても、プロはプロの視点で、素人は素人なりの視点で見ますね。


 ワタシは桂離宮マニアではありませんが、プロの見地から、こういった建物はしっかり見よう・・・と張り切るタイプでもないのです。


 そもそも、学校の予習のごとく、張り切って予備知識をいれて見に行ったものほど、中途半端な知識のフィルターがかかっていて、素直に「何か」を感じることが難しく、あまり勉強にはならないような経験を過去に何度もしてきましたから・・・というのが理由です。


IMG_4335-1.jpg
 
御幸門(玄関に相当します)

 
 そんなわけで、この桂離宮見学、素直な感想を書きます。

 
 敷地全体は回遊式庭園になっていて、行く先々で遊びの心をくすぐるような仕掛けがあります。

宮家の別荘として創建されたのが始まりらしいのですが、水、月、雪、紅葉、空、などの四季を感じながら、お茶や歌と遊ぶ贅沢さは庶民からはみれば、当時としては格別なものであったに違いありません。

 

IMG_4361-1.jpg
松琴亭

 さて全体の感想ですが、桂離宮を出てから「ウ〜ン、何が良かったんだろう」と考えてしまうほど、印象が薄かったのが正直なところです。


 部分、部分は確かに優美で繊細、遊びの心も適度にあって世界に誇るだけの建築には違いないのです。これは脱帽 目

 だけれど「こころ」になかなか触れてこない。

見学の途中から、何かが自分の中で引っかかっている・・・。

それは・・・「端整すぎる!」からかな?・・・そう感じはじめたのです。


IMG_4381-1.jpg
笑意軒 腰は金箔とビロード 切り取った景色は絶品です!

そう!デジタルの美しさ・・・


 高度な方程式に当てはめて、コンピューターを駆使して作られたような・・・。

アナログのような音階と音階の間にある「もの」・・・切ることが出来ない自然な流れ・・・雑音もメロディにするパワー。

 

 それがみつけられないまま桂離宮を後にしたから、印象が薄かったのかもしれません。

(そう感じるのは、ひょっとしてボクだけかもの知れませんからここで予め断っておきます)


IMG_4404-1.jpg  IMG_4410-1.jpg
月波楼                  御輿寄に続く中門
 

 しかしながら、もともとは別荘建築で遊びが目的で建てたのですから、そこに「こころのパワー」などを期待するほうがおかしいのかもしれませんが、この桂離宮を計画したプロデューサー(当時そんな呼び名ありません)は相当知的レベルの高い人だったことは想像がつきます。


 でも本当の意味での「遊び人」ではなかったかもしれない・・・そんな気もしました。

生意気にもそんな事まで考えてしまった桂離宮見学です。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

椅子のフィット感

 先日、奈良の知り合い(設計をさせていただいたお施主さん)から椅子をプレゼントしていただきました。ご主人の手作りです。

 
 家具の製作が趣味で、そのお家にお邪魔するたびに家具が増えていっています。

ダイニング椅子やテーブルはもちろんのこと、オーディオスピーカーや洗面所の収納ボックスなど、手作り家具屋さんが出来そうなくらいです。

 

 さて椅子をプレゼントしてもらったいきさつは、1ヶ月くらい前、先方より

「僕が作った椅子、一度使ってほしい。自分だけが使っていると、どーもいいところ悪いところが見えてこないから」

という電話から。これは本格的!


 1
ヶ月後完成  ジャーン!


IMG_4316-1.jpg

座面、背もたれはホワイトアッシュ、脚はタモです 

さて座り心地・・・


夏だから・・・ということもあるのかもしれませんが、最初に感じたのは

「ビールビールを飲む椅子にぴったり」

でした。
 座面高さは
38cm。通常より2cmくらい低い。・・・しかしこの2cmの意味は大きい。

座るという行為に安定感を生むのです。

 背もたれの角度も適度で、グラスを持って座ったときにぴったりフィットする・・・そんな感覚を出してくれました。
これはうれしい〜ぴかぴか(新しい)


余談ですが

一般に晩餐会などの高貴な場所での椅子は座面が高く、背筋が伸びる感じの椅子が多く見られます。

 逆にラウンジなどのゆったりくつろぐ椅子は、一般的に低いのですが、時たま起き上がるのがしんどくなるくらい沈み込む低い椅子に出くわすこともあります。
ワタシなどはつい次のことを考えてしまって「こんな起き上がるのがしんどい椅子は座るの止めよう・・なんて考えてしまったりします。

低くなるほどプライベートに近づいていきますが、過度な低さは逆に疲れます。

 

 何事も「目的に合わせた適度さ」が一番ですが、この適度さをうまく出している今回の椅子。

趣味とはいえ、言葉で表現できないくらいの独自の「座り心地の感覚」を会得されているに違いありません。


 ありがとうございました。今後も益々腕に磨きをかけてください 


 でも椅子に座って、ビールを飲もう!・・・・

と思ってリビングに行くと、たいてい子供に先を越されてテレビ椅子になっているのです・・・もうやだ〜(悲しい顔)


By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

建築の向こう側

  7/19の土曜日、娘が通っている女子大で建築家「内藤廣」氏の講演会があったので聴きに行ってきました。


  この講演は授業の一環らしいのですが、一般の方も結構入場していて、内藤氏の人気を改めて感じました。

 
 女子大だからかどうかはわかりませんが、ワタシのような年配者が会場に座っていると、ちょっと場違いな感じがして、あまり会場内をキョロキョロできず、気後れしてしまいました。

  IMG_4303-1.jpg

講演中は写真が撮れないので始まる前に・・・

プロセニアムアーチが印象的です


 さて講演ですが、前半は建築を学ぼうとしている学生に対して、考え方や気持ちの持ち方、建築家としての心構えなどメッセージをたくさん話されました。学生はレポート提出が必須なのか全員必死でメモを取っていました。


そのメッセージの中で、ワタシが心に残ったものを二つばかり。

      建築形態(デザイン)の勉強はテーブルマナーと同じである・・・・(マナーは所詮マナーであってそれ以上のものではない)

      アートや音楽は大衆に強いメッセージを送るが、建築絶え間なく弱いメッセージを送るものである・・・

 
 いずれも空間の本質に迫るもので、学生とっては新鮮な言葉であったに違いありません。


 後半は、日向市の駅舎、コロンビアはメデジン市の図書館、二つの建物に関して設計から完成までのエピソードについて熱く語られました。

 

 講演中、内藤氏からは「人間」という言葉が幾度となく出てきました。これは「人間を意識しない建築は建築ではない」という信念が垣間見えて、極めてHOTで「人間力」のある人だと痛感させれました。

 

 講演が終わって、帰りがけ廊下を歩いていて、ふと目に止まったのが、柱の頭部のディテール。


IMG_4309-1.jpg

FLライトの影響を受けただけあってデザインに奥行きと優しさを感じます。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

個と全体

今、ビジネス書と哲学書の中間みたいな本に夢中になっていて、その中で気になった言葉を借りて・・・

 ワタシは建築設計事務所を営んでいますが、商売というのは山があったり、谷があったりで、毎日がすべて順調などというものは未だかつて経験したことがありません。

決まって収入があるわけではありませんから、平たく言えばバクチのような・・・言い過ぎかな?


 この設計事務所という職種は一級建築士事務所の看板を揚げたからといって、明日から仕事が舞い込んでくるような性質のものではないからです。

 建築家として有名になったとしても、まったく仕事が切れて社会から干されてしまうことだってあります。


 ただ、ここでワタシがいつも自分自身に言い聞かせているのは、順調でないときでも決して他人のせいにしないことです。他人のせいにした途端、進歩が遠のきます。

 

よく、売り上げが伸びないのは業界のシステムが悪い・・・とか、近くに大型店が出来たから・・・とかという言葉を耳にするのですが、どの業界でも多かれ少なかれ、システムが悪い部分はありますし、零細にとって大きな企業は脅威である・・・という図式形態は存在します。


 二極化が進んでいますが、二極化ということは、だめになっていく人も居るけど、成功している人も必ず存在しているとういう事実です。

 

以前、テレビで吉本のお笑い芸人同士がしゃべっていて、若手のまだ売れない芸人が同期の人間に

「それ、オレが考えたギャグやん!なんでとるねん!」
って真剣に怒っていたのですが、それを見ていたベテランが

「アホか!盗られるお前が悪いんじゃ!」
と逆に叱られていた場面がありました。

それを見ていたワタシは、まったくそのとおりだと思いました。

 

 ギャグなどは「その人が言うから面白い!」のであって、誰が言っても面白いのはギャグではありません。

つまり、その若手芸人は自分が考えたギャグと自分自身とがミスマッチしていたのでしょう。だから盗られたのです。

 

小さな企業でもこれと同じことが言えるのではないかと思っています。

つまり盗られないような存在力が必要になってくるように思います。

 

ただ存在力といっても企業によって様々ですから、一般解はありませんが、共通しているのは小さな企業ほど、存在力=トップのカラーで決まってくるということでしょうか。

 

「全体」が悪いから自分「個」が良くならないのではなくて、個が良くならないから全体も悪くなる・・・という逆の考え方をしていけたなら社会はもっと良くなるに違いないのですが・・・。

 

夏の暑さを乗り、この不況に打ち勝つために改めて自分に「渇」を入れます。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

八尾の家・・・取材エピソード

先日の日曜日、「八尾の家(HPでは若夫婦とペットの家)」の取材と撮影がありました。

敷地面積20坪、建蔽率60%という、狭小地の部類に入ります。


IMG_4188-1.jpg

東京から来て頂いた取材スタッフの方々、遠路お疲れ様でした。



 建替えですが、基準法の制限もあり、以前住んでおられたお宅より面積は狭くなりますが、それをいかに広く感じさせるか、が設計のポイントとなっています。


 光の取り入れ方や視線の逃がし方などに工夫を凝らしました。


 一例を挙げますと、
キッチンの横は浴室になっていますが、その間仕切り壁に透明のガラスを入れ、透け透けにしています。
 (これはキッチンからの視線を浴室に逃がし広がりを持たせるためと、浴室は外部に対して開放的な状態になっているので、明るい浴室からもキッチンに光を入れるためでもあります。)
ガラス張りだから・・・ラブホ感覚を楽しむ・・・
というダークな楽しみ方も出来ます揺れるハート

 その他、様々な工夫がしてありますが、興味がおありの方は
8/21発売の月刊ハウジングをご覧ください

 

 さてここで、今回の取材に関してちょっとしたエピソードが・・・・


 この住宅は昨年の春完成したのですが、先月、雑誌社の編集室が弊社のホームページをみて取材となりました。


 ちなみに建て主との出会いは、3年前、ウチのホームページをみてコンタクトいただいたのが始まりです。

 編集室から「○○邸、取材できませんか」とワタシんとこに電話があって、早速その日のうちに建て主に電話をかけました。しかし何度かけても通じなかったので、用件を伝えるべく奥さんの携帯にメールを入れたんです。


 そしたら次の日メールが返ってきたのですが、なんと・・・なんと・・・


「連絡遅くなりすみません・・・実は昨日子供が産まれましてグッド(上向き矢印)・・・」という内容。


 ワタシが一生懸命電話をしていたときに産まれたみたいです。

しかも産まれた次の日にメールを打たれた奥さん、・・・すごい!

家の取材いいと新しい命の誕生といい・・・めでたいことは重なるものです。ぴかぴか(新しい)

 

お子さんが生まれてまだ2週間という体調芳しくない状態での取材&撮影となりましたが、文句ひとつ言わないでがんばっていただいた奥さんとご家族に感謝申し上げる次第です。


IMG_4191-1.jpg

お子さんを抱いての出演となりました。



IMG_4200-1.jpg
 
 昨年春に竣工のお祝いにプレゼントさせてもらったトネリコ・・・
小さかった樹木がどんどん大きくなって・・・成長の喜びを感じさせてくれます。

皆さん本当にお疲れさまでした。

By Ryuわーい(嬉しい顔)






ラベル:住まい造り 
posted by ばばちゃん at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。