2008年02月12日

見せる、見られる、見ていただく

 ASJ(アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)の住宅展に21011日参加しました。

 加古川でありました。


 自分の住宅作品を写真パネルや模型、図面などで展示するものです。私共のほかにも
8人の建築家さんが参加されていました。

 11日は、突然、サンテレビの取材が入り、各建築家さんのブースをカメラ取材となりました。

不思議なもので、テレビ局が入ると急に場内がにぎやかになります。

 ワタシはテレビに出るのは好きな方なのですが映画、今回は相方(奥方)に譲ることにしました。

下の写真です。

 

IMG_3450.jpg IMG_3449.jpg
設計の説明を一生懸命しています。
でもこの写真、奥方よりも、手前のカメラさんと照明さんにピントが合ってしまいましたがく〜(落胆した顔)

 

来場してくださる方々に作品のコンセプトや住宅に対する考え方などをプレゼンテーションするのはなかなか難しいなあ〜といつも痛感させられます。

でも、他の建築家さんのパネル展示も同時見られますので、今回もいい勉強になりました。

 

ちなみに、今月16日は私共(GA−PLAN)単独の作品展をおこないます。


日時:2月16日(土)
場所は大阪市立住まい情報センター
5階研修室(地下鉄天六駅3番出口すぐ) 
11時〜16時 入場無料です。


ライフデザイン住宅展と題しました。


住まいにとって一番大切なものは、自分に合ったライフスタイルを見つけること。

そのヒントになれば・・・と企画しました。
協力していただいた方々は、ワーカーズLLPさんです。

興味のある方方は是非おこしください。

 

 見せることは、見られることですが、「わしの作品どーや!」的展示は見るほうもちょっと嫌気が指します。

 「見ていただく」という気持ちをどこかにおきながら展示することは大事なことだなあーと思うこのごろです。

By Ryuわーい(嬉しい顔)



posted by ばばちゃん at 16:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあ
Excerpt: まず特徴的なのは非常に平易な文章を使って書いています。だから誰でも読める。しかし本書には方法的な含蓄が詰まっています。大雑把に言って1.知識労働者とは何か?2.生産性を高めるにはどうすべきか?3.自ら..
Weblog: 企画の1日
Tracked: 2008-02-13 11:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。