2008年02月06日

バランス+α

 現代の占いや家相などの基礎になったものに古代中国の陰陽五行説があります。

家の設計をしていまして「家相」にぶちあたった時、勉強をしたことについて、普段考えていることと重ね合わせてボクなりの意見を書きます。内容は家相から外れています。「家相」は他のサイトで書かせてもらいました。


陰陽説・・・世界はすべて陰と陽から成り立っていうもの。明暗、男女、天地、吉凶、
               善悪など。
陰と陽が互いに影響しあいながら発展していく考え方です。

 

陰と陽をふたつに分け4つにして、さらにそれぞれをふたつに分けますと陽が4つ、陰が4つで合計8つになります。この8つで天地自然の現象をあらわします。

八卦(当たるも八卦、当たらぬも八卦、や相撲のはっけよいのこった)はここからきています。

 

五行説・・・天地万物は木(もく)、火()、土()、金(こん)、水(すい)という五つの
       物質から
成り立っているというもの。

 木が擦れ合って火をおこし、燃えて灰(土)になり、土は鉱脈(金)をつくり、金は腐食して水に
なる。水は木の栄養分となり、すべては循環していくという考え方です。
 
 古代三王国のひとつ、夏(か)の禹王(うおう)が亀の甲羅の文様をみて「五(
5つ)」を思いついたと
されています。

 
 この「木、火、土、金、水」という
5つを基本に
「惑星」、「方角」、「季節」、「色」、「味」、「感覚」、「臓器」、「節句」、「虫」、「神」
など天地万物をつかさどるものもすべてを
5つに振り分けました。

 
 ちなみにわれわれが日常的に使っている「五臓」や「五感」「五味」「五節句」など現代でも生きています。占いで使う木星とか水星とかはこの「木、火、土、金、水」に星(惑星)をくっつけたものです。

 

 この五行説は「循環」が基本になっていますが、基本どおりに循環するものを「相生(そうしょう)」といい、対立するものを「相剋(そうこく)」といいます。


 「相剋」とは・・・


水は火を消し、火は金属を溶かし、金属は木を倒し、木は大地(土)を押しのけて成長し、土は流れている水をせきとめてしまう・・・というまさに循環をさまたげる世界観です。

 

 占いでよく「相性がいい」とかいいますが、相性は「相生」の循環からきていて、すべて順風満帆につながるということなのでしょう。

逆に「相性が悪い」というのは、「相剋」の打ち消しあう関係からきているようです。

 

この陰陽説と五行説を巧みに組み合わせたものが陰陽五行説です。

家相は、この陰陽五行説に中国の地理的条件などを掛け合わせたものです。

 

それにしても、こういったものが発達した要因は、大陸で気候も地理的条件もバラバラな中国では国を治めるには、何より「安定」が必須条件でしたから、「バランス」と「発展」を願った思想は必要不可欠だったのかもしれません。島国の日本ならこのような思想は出てきただろうかと思うとちょっと疑問です。


 陰陽説や五行説は現代社会になって形を変えて、いい意味でも悪い意味でも多くの影響を与えていますが、日本に住むわれわれは、いいところだけを吸収して、悪いところは自分なりに排除することも必要ではないかと思います。


 家相や占いなども中国から来ていますが、もともと風土や気候が違いますので、それらがそっくり日本に当てはめまるかというと、そうとばかりは言い切れないところもあります。

また思想的にも、循環=バランス=安定という考え方はとても大事ですが、あくまで根幹の部分ですので、その考えにFIXされすぎると、返ってマイナスにもなるように思ったりもします。


 例えばバランスがいいからすべてうまくいくか・・・というとそうでもない時もあります。もちろんバランスの安定は、揺れ動く天秤のように緊張感はありますが、安定してしまうと退屈で、怠惰になります。それに安定は「創造」という言葉を後退させます。時にはバランスを壊して、突き破って一から再構築することもまた必要です。

 

 バランスの取れた考え方、そして時にはそれを自分で壊して組みなおし、そしてまたバランスよく・・・丁度安定したサークルが、何かの拍子で壊れて爆発して、場所を換えてまたサークルを造るそんなイメージでしょうか。


バランス+αです。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 14:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 天地創造天地創造は神話における創世のことで、普通は旧約聖書の創世記における天地創造を指す。天地創造が含まれない神話もある。宗教絵画などでよく題材となる。.wikilis{font-size:10px;..
Weblog: 神話の世界
Tracked: 2008-02-16 08:32