2007年12月17日

大学も変わりました

 土曜日、娘の受験校のひとつ、某大学のオープンキャンパスがあったので見学に行きました。


 志望が他の学科なら多分見学など行かなかったですが、ここは建築教育に熱心なところとして注目されていて、専門誌にも載っていましたし、何よりもワタシ自身建物が見たかったというのも手伝って・・・。

実際見て・・・「唖然!」としました。


まずキャンパス・・・建築学科専用のキャンパスなのです。

「え〜っ!」って感じです。目


mukojo1.jpg
                            校舎


このレトロな建物の設計はフランクロイドライトの弟子「遠藤新」です。
昔はホテルでした。


これ以外にも 新館があり、二つの建物を1回生〜4回生までわずか200人足らずの建築学科生だけで使うのです。開学して日が浅いので、今はまだ2回生までしか居ません。

敷地内に竹林あり、茶室あり・・・建築教育の一環らしい。


教室を見てまたびっくり・・・下の写真


mukojo5.jpg
                   照明器具もレトロです 


入学すれば自分専用の机と製図台、パソコンが与えられています。

思わず「うらやましい〜」という言葉が・・・。

 

カリキュラムも建築の専門とは別に「陶芸」や「茶道」、毎週土曜日には有名建築のバスツアーがあったり・・と体を動かして会得させるやり方はいいと思いました。


そして「評価スタジオ」があること。

自分の課題作品をここでプレゼンテーションして、学生や先生から講評を受けるためのもの。

批評されることによって能力は伸びていきます。


ここの学生も毎日課題に追われ、アルバイトやクラブ活動している時間がないくらい忙しいみたいです。


mukojomokei.jpg
楽しそうに模型を作っていました。


それにしても「建築にどっぷり浸かれる環境」であることは間違いなさそうです。


もし、30年前にタイムスリップできるならもう一度こんなところで思いっ切り勉強してみたいと思いました。グッド(上向き矢印)
でもワタシは入れてくれません。・・・だって女子大ですから。

By Ryuわーい(嬉しい顔)


posted by ばばちゃん at 18:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そこってどこですか?うちの娘にも勧めようかと・・・・まだまだ先ですが。
Posted by sakamoto at 2007年12月17日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック