2007年11月21日

けんちん汁

 日曜日午前中は、一番下の息子(小4)が通っている小学校でのPTA主催「遊ぼうデー」に参加しました。晴れ

 週休2日制になって子供らが「暇」になって、なんらかの課外授業を・・・が発端です。

 
 子供らはドッチボール大会をやって、その間に父兄は大鍋ふたつでけんちん汁をつくりました。

 ・・・その量約300人分 がく〜(落胆した顔)

 薪で火をおこして大鍋の水を沸騰させるのがまた大変!

 お母さんたちは、別室で根菜と野菜きり・・これも結構たいへん!
 
 ワタシを含む何人かのお父さん連中は、火をおこす役割と味付け係り・・・といっても
300人分だから普段とはちがって、だしも味噌も分量はチョーてきとう。モバQ

 

kenchin1.jpg  kenchin4.jpg

でも出来上がって、味見してみると


「めちゃうま!」・・・手(チョキ)


 やっぱこういう大きな鍋で、たくさん炊くと色んな味が出て美味しくなること、を改めて思いました。

子供たちも大喜び。何杯もおかわりしている子供や普段野菜を食べない子供らも美味しそうに

食べていました。


kenchin2.jpg

ワタシも調子にのって
4杯もおかわりを・・・


 最近は「燃やす火」を使うことを知らない子供らが多いので、こういうイベントはいい体験でしょうね。

みなさんご苦労様でした。


 ワタシと相方はこのあと、高槻の家の竣工検査に行きました。(前回のブログ)

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 17:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。写真で拝見させていただいたけんちん汁、とても美味しそうですね。薪から火を起こしたり、いい経験になりそうです。

さて、突然のご連絡失礼致します。

東京ガス株式会社主催「住まい環境デザイン・アワード2008」
PR事務局の安達と申します。

「住まいの環境デザイン・アワード 2008」は、“人と環境と住宅デザインの真の融合をめざして”をテーマに、これからの住まいのあり方を示唆するような良質なデザインの住宅の提案を広く募集しております。

建築やデザイン等に造詣の深い 馬場様のブログを拝見させて頂き、是非記事を取り上げて頂きたく、失礼とは存じましたがコメント欄を使ってご連絡させて頂きました。

ご興味頂けましたら、サイトにて詳細をご覧頂ければ幸いでございます。

「住まい環境デザイン・アワード2008」詳細ページ
http://www.gas-efhome.jp/
Posted by 「住まい環境デザイン・アワード2008」PR事務局 安達 at 2007年11月22日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック