2007年11月11日

想像力は大事です

 姉歯事件以来、社会は偽装ブームといっていいくらいに連日新聞やニュースを賑わしています。

構造計算偽装、食肉偽装、偽装請負、賞味期限偽装・・・まだまだ出てきそうです。


 偽装とはつまるところ消費者またはエンドユーザーに「嘘」をついて自社の利益を優先させることです。

資本主義社会の中で利潤を追求していく前提となるのは他社に「勝つ」ことにあります。勝たなければ食べていけません。勝つためには何でもやる!と豪語した亀田父に象徴されるように、社会全体が間違った価値観を持ちつつあるような気がしてなりません。


 と同時により世の中が複雑化し、他人に無関心な人が多くなると「誰も見てない。これくらいは大丈夫だろう・・」という旅の恥はかき捨てではないけれど、軽い気持ちから甘えの構造が根を張り「モラルの低下」が日常化してしまいます。


 こういった背景には、自分が育ってきた環境というものが大きく影響しているように思います。

ワタシは来年の1月で50歳になりますが、昔と比べますとすべてに「余裕」がなくなってきていているように思えてなりません。考える余裕です。教育も今の先生と昔の先生はぜんぜん違います。昔は先生というと「師範学校卒」で親よりいい学歴を持っていてまたそれが教育に対する責任感という形に出ていました。悪いことをしたら殴られました。でも殴られたからといって親に言ったら「お前が悪い!」と余計に怒られました。でも今は違います。親の方がいい学歴を持っています。それがすべてではありませんが、まして実社会経験のない先生ですから、何を拠り所に生徒に教えていいのか分からない先生も多いのです。
 だから何が正しいのかという根本的なことをつい置き去りにして「殴ることは良くない」と形式論議から入ってしまいます。形式論では物事は前に進みませんし発展はしません。


 実社会に出てからもそういう教育を受けてきた人々を教育し一人前の企業人に育てていくには相手先に対する対応方法や仕事の進め方など「マニュアル化」するのが最も手っ取り早いのです。
しかしマニュアルで育った人間は想像力が欠落します。問題が起きても正面からしか見られません。


 偽装をすることは社会の信用を失墜させる。一度落ちた信用は取り戻せない・・・この基本的な倫理すら分からなかったのでしょうか。想像はしていたが「これくらい・・」という相手(社会)をなめてかかったのでしょうか。

相手をなめることは、相手が読めていない事の裏返しで、先を見通したり読む力がない、つまり想像力がないことを露呈しています。読めない人々(社会)を相手に商売をしていた、ということになります。偽装の問題と同時に商売人としての資質が問われそうです。


 姉歯の事件を受けて、国交省は今年
6月に建築基準法を改正しました。これには賛否両論ですが、実質は、建築業界は大混乱をしています。新築住宅個数も昨年に比べ-40%以上半減しています。検査機関の確認申請業務量が増え、申請に膨大な時間がかかるようになりました。そのおかげで予定していた工事着工が狂います。資材や設備機械など扱う業者は資金繰りが出来ず倒産に追い込まれる・・・。


 建設は就業者人口の約
1割です。何らかの形で建設に関連しています。建設資材の鉄が動くか動かないかで景気は左右されます。住宅産業の新築個数が減れば家電業界も打撃です。(新築と同時に家電を買い換える人が多い)


 いっきに強行施行した国交省は、確認申請業務が停滞すれば社会が混乱すること予想できなかったのでしょうか。なぜもっと段階的にやらなかったのかと思います。

そして今になって基準法運用を緩和する方向に動いています。

なぜか場当たり的な感じは否めません。

 

これからの社会はどんな方向に進んで行くのでしょうね。

こういう先行き不安な社会だからこそ、想像力は混乱を防ぎ社会を安定させる必要不可欠な能力であるとワタシは思います。

By Ryuわーい(嬉しい顔)



ラベル:偽装問題 想像力
posted by ばばちゃん at 14:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。うちの会社も利益追求、儲かる体質にするとかで余裕ないですわ。なんでもかんでもカツカツにやってしまうと失敗すると思うんですが・・・・。
新築住宅個数が減ったのは購入意欲が減ってきたのではなく事務の混乱があったんですね。J-SOX法も同じようになるような気がするなぁ。
政治に関わってる人間って頭いいはずなんですけどねぇ〜、組織の体質なんですかね?
Posted by sakamoto at 2007年11月11日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。