2007年10月16日

色のこだわり

 今、工事中の高槻の家家

mokei3.jpg
高槻の家 模型                   (製作GA−PLAN)

 今日は、木部に塗る塗料の試験塗りを現場でしてもらいました。

設計図面だけでは絶対気に入ったものは出来ないので、塗る面積が大きい箇所は必ず現場で試験塗りをしてもらっています。
 
 今回は、LDKの天井板に塗ることになっている白色のオイルフィニッシュ。しゃぶしゃぶの塗料を表面にサッと塗ってすぐにウエスでふき取る。 このしゃぶしゃぶ具合が難しい。
・・・というより実はボクのこだわり
 
 濃くしすぎると木目が死ぬ。薄いと塗料の良さが出ない。木目が程よく出て、なおかつ白色の透明感。このこだわりに付き合わされるペンキ屋さんも現場監督も文句一つ言わずやってくれるのがありがたいです。美しい色合いが出たので職人さんも監督も「いい色ですねぇー」と言ってくれました。

penki2.jpg
左半分がオイルフィニッシュをかけたもの。かすかに白色がついています。白のクロスと比較。
年月が経つと白色が飴色に変化して、いい味を出してくれるのです。kodawari

 今度は、棚板に使う積層材にも実験的に塗ってもらいました(写真下)

penki3.jpg
左半分が白色オイルフィニッシュ

 積層材なのでオイルの染み込みがマチマチになって材の張り合わせが強調されてしまいます。これを美しいと見るかダメと見るかは感性によるところが大きいですが、この家のイメージとは違うのでやめることにして、一般的な透明ウレタンにしました。ただ別のところで使い方によっては店舗なんかでは使えると思いました。


 竣工まで約
1ヶ月。1117日完成見学会も予定されています。丁度この日は千葉県で商工会議所青年部全国大会があり、「うまいもん食って、お酒が飲めて、はねが伸ばせる!レストラン」と思っていたのですが、完成見学会に来て頂くお客さんに設計趣旨を説明するのもまた楽しいので後者を選択しました。・・・仕事熱心!

 
 というか、お酒飲んで騒ぐのも楽しいのですが、おおぜいの人前でしゃべるのも好きなんですよね〜。

By Ryuわーい(嬉しい顔)

posted by ばばちゃん at 15:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、僕これ好きですわ。シナベニアのホワイト仕上げ。建ててもらう前に色々雑誌をみててシナベニアの壁やら棚やら見ましたが、なんだかのっぺりしてて「面白くないなぁ」と思ってました。でも馬場さんの「kodawariホワイト仕上げ」を見たとき「うぉ、こりゃええわ」と正直思いまして、それまではウエスタンレッドシダーがええんちゃうか?とか云ってたのが、「kodawariホワイト仕上げ」に変わりました。
シナベニアやSPF材はニスを塗ったり、オイルを塗ったるすると、黄色くなるんですよね。軽く着色して、ペーパーを掛けてやると、とても良い感じになります。僕の場合はステインで着色してからニス仕上げにしてるのでまた少し感じは違うのですが、馬場さんのおかげで「kodawariシナベニア家具」がいっぱいになりました。むっちゃ、気に入ってます。素晴らしいアイディアに感謝!
Posted by sakamoto at 2007年10月17日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック