2007年09月14日

男の色気って何?

 酒の肴にぴったりの話題なので、独断と偏見を交えてあえて書いてみた。多分、パートナーから反論あると思うけど・・・。

 10年くらい前に見た「ヒート」という映画の中で、悪役のロバート・デ・ニーロと刑事役のアル・パチーノが市街地で銃撃戦をやるシーンがある。その銃を構える姿が二人ともすごくかっこいい。照準を合わせたようにピタッ!と「絵」になっていて「色気あるな〜あんな風になりたい」って思ったことがある。・・・なんと単純なワ・タ・シ
 映画だから、現実とはかけ離れた架空の世界だけど、見ている人を釘づけにするくらい「絵」になり得た秘訣は、演技の上手さ以上に、人を魅了する=潜在的な何か=をこの二人の役者は持っていたからなのだと思う。

alpacino.bmp

 ところで潜在的な何か・・・って、なんだろう?

これは僕の定義だからいろいろ反論はあるし、女性が見るのとまた違うから断定は出来ないけど、一つは「ぶれないこと」=「自分があること」ではないかと思ってる。様々な局面に対して、何が大切であるか、その本質を見抜く力。この能力がなければ、こころの余裕も出きず、優しさも出ない。「自分」がないと人の言動に振り回される。
 よく男の色気を勘違いして、スキンケアに一生懸命になる男性もいる。・・・マナーとして大事なことには違いないから否定はしないけど、本質ではない。
 一時「チョイ悪オヤジ」が流行った。これも外見だけ「不良っぽく」似せて、中身が伴ってなければ所詮はメッキ。普通にしてる方がどれだけすばらしいか。普通っぽい人が、仕事でも何でも他人に真似が出来ない「すごいこと」をする、そのギャップの方が、はるかに魅力的である。
 学生時代、「不良」が女子学生にかっこよく映るのは、自分たちが経験したことがないような、知らない世界を知ってるような、そんな奥の深さを感じてしまうからなのだろう。(多くは外見で騙されてるのだが・・・骨のある不良はそんなざらにはいない。)


いつの時代も、女性は奥の深い男性がすきみたいですね。

それはさておき・・・「今、何が大切か」を見抜く力は経験によるところが大きい。理性や知識だけでは補いきれないものがたくさんある。ただ、様々なことを経験してもそれだけに終わる人もいるから、そこでまた別の能力がいる。
 「ぶれない自分」を造るのは大変です。男はいつの時代もそうです。
 経験から得られたものを自分の血となり肉としていくには、その時々においてどう感じるかが問題なのだ。同じ環境でありながら、何も考えず「ぼーっ」と経験していくのと、感受性を研ぎ澄ませて、経験したことを思省するのとでは雲泥の差がある。その思省の積み重ねが「奥の深さ」になっていく。かつての女子学生が不良に見た未知なもののような・・・そう考えれば、男の色気、二つ目は「感受性がゆたかであること」ではないかと思う。この二つはたえずワンセットであろう。どちらか一つも欠けてはいけない。「自分」しかなければ単なる偏屈者。感受性だけで自分がなければ決断力が乏しく頼りない。
 三つ目は、「いさぎよさ」だろうか。失敗しても言い訳をしない男は妙にかっこいい。最後まで諦めない力強さと、その対極にある「自分を捨てる」潔さ。この対局するスタンスが広ければ広いほど男は魅力的に映る。
四つ目以降は、うーん、むつかしい。「引き出しの多さ」・・・「会話力」・・・続きはまた書くけど、女性がよく言う「優しさ」も「包容力」もすべて「何が正しいか分かってる人」なら多かれ少なかれ持ち合わせているように思いますしねぇ。

それにしても、自分も含め、女性から良く思われたい、モテたい・・・と思っているような段階では、まだまだ「色気の境地」には達し得ない証しなのだろうな〜とつくづく思うのでありました。

つづく

By Ryu わーい(嬉しい顔)


ラベル:ヒート 男の色気
posted by ばばちゃん at 22:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トマトから柿になったんですね、いい感じです。
さて、嫁さんに「馬場さんが面白いネタ書いてるねん」って云うて、読ませて見たんですが、「馬場さんってこんな文章書くねんね。」で終わり、NOコメントでした・・・・。僕の前ではコメントできないってことなんか?
男の色気は意識したことないですが、子供が出来てからはカッコいい男(いやお父さんかな?)になりたいと思うようになりました。まぁ、漠然とそう思っているだけで、どうゆうのがカッコいいか考えてなかったので参考になりました。そうですね、僕も同感です。
でもですね、ちと無理ですわ。7割か6割目指して頑張りたいと思います。今のところ、娘にとってはキムタクよりカッコいいお父さんで通ってますので(まだハードル低いですから)、物心付いてきてこれが罪にならないよう精進していきたいと思っております。あぁ、何だかしんどくなってきた・・・・・。
Posted by sakamoto at 2007年09月16日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。