2014年08月15日

成績を上げるには・・・

受験生をお持ちのご家庭やこれからお子さんが受験の方々・・・・少しでもいい学校に行ってほしいと思うのが親心。

でも当の本人は、毎日一生懸命塾に通って勉強しているのにイマイチ成績が伸びない・・・・よく耳にする話しです。


そんな時の塾のアドバイスは、

予習型から復習型にきりかえてみましょう・・・とか、どこでつまずいているのか原因を突き止めましょう・・・・とか、テストの弱点を集中的に反復練習しましょう・・・・とか、まあ間違いではないだけに「ごもっともです」という返事しかできません。


しかし・・・・実際のところ、それをやったとしても、平均60点が64点くらいに上がるかもしれませんが、80点に飛躍することはまずないでしょう。(言い切りましたね手(パー)


成績が伸びない原因はたった一つ

「基礎学力が足りない」これに尽きると思います。

病気と同じで、体力や免疫力がない状態でいくら薬を投与してもなかなか治らないのと同じ。


では基礎学力とは何か・・・・

一般的には「読み書き計算」です。しかし中学生、高校生になると今習っている難解な方程式や英文法にどうしても頭が行ってしまい「そんなもの小学生じゃないか」とバカにしたり疎かにしたりする傾向にあります。

でも、それこそが落とし穴。

「読み」は、文章を正確に読み解き、趣旨は何かを見抜く能力。「書き」は自分が伝えたいことを自分の言葉で的確にわかりやすく文章にまとめる能力(作文)。

「計算」は抽象的な物を論理的に考え導いていく能力。


それって大人でも苦手な人たくさんいるのではないでしょうか。そう、ワタシもその一人なのです。


国語の問題はもとより、数学の問題を解くにしても、この問題のポイントはどこかを読み解いて、論理の積み重ねをして答えを導いていく作業ですから、これはまさに「作文」といえます。

試験はインプット(覚えたこと)を試すと同時にアウトプット(論理の積み重ね)も試されています。

アウトプットの訓練は作文が一番てっとり早いのです。


ワタシは小学校の時から作文や読書感想文は苦手でした。でも社会に出てあるとき

「やっぱり国語能力がすべての基礎」って気がついたんです。

特に作文は、あらゆる知識を総動員しなければなりませんし、きちんとした組み立てが要ります。

会議での議事録をまとめる。聴衆の前でしゃべる(原稿をつくらねばなりません)。報告書を書く。人と折衝する。すべて作文。


いやぁ、こんなことがもっと小学校の時にわかっていれば・・・・なんて後悔してもはじまりませんね。


そんなんで、今成績が伸び悩んでいる人・・・きっと作文が苦手な人多いんじゃないでしょうか。


でも今からでも遅くないと思います。

テレビドラマでも、映画でも、その日に会った出来事、なんでもいいから一度自分の言葉で文章にしてみることです。そしてそれを親や先生に見てもらい批評してもらうことです。批評にこそ意味があります。それを1年位続けたら飛躍的に成績は上がっていると思います。


作文はすべての基礎。


何を隠そう、こうして長文のブログを書いているワタシこそ、作文の練習をしているのです。

・・・ハイ手(チョキ)


By Ryuわーい(嬉しい顔)





posted by ばばちゃん at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。