2013年07月17日

どろだんご

週一回、農園に行って「畑」を勉強させてもらってる話を以前しましたが、そこには子どもさんもたくさん遊びに来ています。


先日も、さっそく水遊びをしてるかと思ったら、泥団子作りに夢中。



201325.11_R.jpg


ワタシが幼少のころ(50年前の滋賀の田舎)はピカピカになった泥団子を「てっかん」と呼んでいました。


唾をつけて湿らせては砂をかけ・・・。これを繰り返すと、とても泥で作ったとは思えないガラス玉のような団子が出来あがります。

そしてそのピカピカ度合いを競い合うのですが、勝つ人間はたいてい決まっていました。
「てっかん」に対して根性の入れ方がハンパないヤツが勝つのです。まさに職人技のような・・・


そんな遊びが今ちょっとしたブームになっていて、泥団子キットなるものまで売りだされていますね。

今頃ブームになるっていうのはちょっと前まではなかったのかな?・・・


子どもの頃に泥を口にしたら、風邪をひきにくくなるって知ってました?、

いろんなものが「抗菌」になっていてく昨今

こうして泥団子に夢中になっている子どもらを見て微笑ましく思った農園での一コマでした。

By Ryuわーい(嬉しい顔)





posted by ばばちゃん at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。