2013年07月09日

10年ひと昔

写真や仕事の資料の整理をしていると、なつかしい写真に出会います。
ふと「撮影年」をみると2003年であったり、2000年であったり・・・・

年齢を重ねて行くと「2003年」は、ついこの前のような感覚にとらわれてしまいます。

でも確かに10年前・・・・


10代にとっての10年はホントに長い年月です。
小学4年生が、二十歳になるまで。


中学生になり、勉強、クラブ、悪いこと、恋愛などいっぱい覚え思春期を経験して、高校生になり、自分の将来を描き、そして社会に出たり、大学を受験に苦しんだり・・・・・、そして迎える成人式。

この間の経験値はものすごいものがあり、歳をとってから経験する10年とは全く違う密度なのです。

おそらく人生の中で一番充実した時期ではないでしょうか。
同時に成長の度合いが最も大きい時期です。

もしこの凝縮された密度の高い生活と成長の度合いを、40歳、50歳、60歳の人間に当てはめることが出来たら、もっともっと人として成長するのだろうか・・・と考えるたいへんおもしろいものです。

おそらく想像を超えた知能レベルの社会があって50歳でも宿題を忘れて立たされる・・・・そんなドラえもんのような世界があるのかもしれません


20
歳の人が30歳になる10年間と、30歳〜40歳の10年間はまた種類もスピードも違います。


年齢とともに生活スピードが速くなっていきます。スピードが速くなってると感じる分、同時に人としての成長度合いも減ります。


そのように考えて行くと、「これからの10年」・・・・・

かつて経験した「小学校、中学校の毎日の新鮮さ」に匹敵するような環境を自分で作っていくことの大切さを痛感します。


とはいえ何をやればよいのやら・・・・


と悩む人も多いかもしれませんが、「やろう」という意思の中にこそ、実践の半分が隠されてます。

「早い10年」より「長い10年」になるよういろいろ頑張ってみたいものです。


By Ryuわーい(嬉しい顔)





posted by ばばちゃん at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。