2011年12月31日

大晦日

今年も今日で終わりとなってしまいました。 

7月からずっとマントル細胞リンパ腫で抗がん剤治療を受けて入院していた母親が先日退院。
なかなか予後も難しい病気のようです。 

病気が気になりつつも、仕事や地域の活動もしながらで、ほんとにあっという間の半年でした。
そんな日々の生活の中で印象に残ったものをいくつか・・・ 

910月はあちこちの体育祭、文化祭が目白押し。
来賓出席で観ているよりは、やはり自分が何かしたいタチ。
でも一生懸命演技している生徒は心打たれます。


 奈良の山野辺街道をダニエルクラブで散策しました。竹林は好きな空間のひとつです。

CIMG1304-1_R.JPG



農芸高校をはじめて見学しました。
和菓子がとても美しかったのが印象的です。

_MG_1369_R.JPG


授業で栽培している柿。入院している母親に買って持っていくと「今まで食べた中で一番甘くておいしい」と、好評でした。
ワタシも食べましたが確かに「ウマい」です。
きっと肥料に秘密があるのでしょうし、何よりも一生懸命に育てる生徒の気持ちが入るからでしょう。
  


PTA
の歴代役員を集めてのBBQ
恒例となりました。   

_MG_1519_R.JPG




理事をしている浜屋敷でのイベント


「あかりコンサート」

照明デザイナーの演出による敷地内のライトアップは幻想的です。

_MG_0625_R.JPG


「インド音楽」
ワタシの同級生でシタール奏者として有名な南沢君を浜屋敷に招いてのシタール演奏は好評でした。


「市民手づくり市」
京都の百万遍で行われる有名な手づくり市。
浜屋敷でも負けじと頑張り来場者も3000人を超えました。



「落語」
林家染丸師匠を招いての「染丸、染弥親子会」を開催。
たくさんの方に来ていただき、1年を笑いで締めくくっていただきました。
   



11月より「Face Book」なるものをはじめました。
でも未だに馴染めません・・・・
軽い情報が多くて、スピードが速いからでしょうか・・・・・
ブログのような文章は書けないのです。きっと発想を変えなければいけないのかもしれません。  


そして何より、自分にとって良かったことは「たばこが止められた」ことでしょうか。

30
年以上毎日吸い続けたタバコ。

意外と「スッと」止められたことに自分でもびっくり。欲しいとは全然思わないのです。

「どこか身体悪いんちゃう?」

などと周りから言われる始末です。
 

ある一説によると、脳に刺激が送られて、タバコが吸いたくなるのはホンの15秒ほどで、それを乗り越えたらなんとも思わなくなるとか・・・・いずれにしても今年一番の成果です。 


不精なブログで申し訳なかった1年でしたもうやだ〜(悲しい顔)



そして、そして

みなさん、来年もよろしくお願いします。

By Ryu わーい(嬉しい顔)




posted by ばばちゃん at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。