2011年08月03日

捨てる

 家の中や仕事場を掃除していると、「あ〜こんなところにあった!」と以前探していたものが見つかったりして、一瞬嬉しい気分にさせられたりする時あります。 

 
そんな経験は誰しもあるのではないでしょうか。 

 
 でもちょっと待って・・・・。

 探していたにも関わらず、それがなくて大変困った・・・というわけでもない・・・・もしかしたら元々要らないものだったのでは・・・
と考えてしまいました。  

 懸賞で当たった健康器具、安売りにつられつい買ってしまってその後一度も開封していないもの、相手の顔が出てこない名刺、何かのポイントカード、今は聴くことのないカセットテープ、学生の頃もらったラブレター、有名店の小奇麗な紙袋や箱、残念賞でもらったデザインがイマイチの新品ファイルや書きにくいボールペン、流行遅れのブランドの服、結婚式の引出物でもらった電池式掃除機・・・・

などなど
数えあげればきりがありません。 

残しておこうとする心の底には、

@「またいつか使える!」

 これがあります。
 

しかし・・・・その「いつか」は永遠にやってこないのです。

 A私の「思い出」だから・・・ 
 
 これもあります
 

しかし・・・・その思い出の品、何かのきっかけがなければ思い出さず、むしろ忘れている日の方が多いのです。その品物がなくなっても思い出はなくならないのですが・・。   

 日本は国土が狭く、特に都会は極めて狭小の生活を強いられています。狭いからこそ物が溢れている中にいるより、すっきりとした空間に身を置いた方がどれほど効率良く身軽か・・・・
 
 仕事でも、資料をやたらたくさん持っている人ほど仕事は出来ません。資料がないと不安に駆られるのです。
  

 捨てることを実行するには、決断も必要ですが、割り切りやあきらめ、自分に対する自信もまた必要です。

大切だと思っていたものや思い出の品を「ごみ」に格下げするのですから・・・
 
 
 ・・・・・過去を捨てなければ未来が入らない・・・・・ 

 
そうです!  

 最近それに気づきはじめ、日常でも仕事でも余計なものは捨てることを心がけているワタシです。
一旦捨て出したらそのスピードは速くなります。 

 すっきりしていく自分がうれしくなります・・・




 でもたった一つだけ・・・・捨てたくても簡単に捨てさせてくれないもの・・・

 そう!
お腹のぜい肉だけは相当の努力が要りそうです・・・もうやだ〜(悲しい顔)


By Ryuわーい(嬉しい顔)



posted by ばばちゃん at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まいの雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。