2010年12月08日

25年

 早いもので今年の10月に銀婚式を迎えました。

お祝いといったことは何もしていませんが、20年ぶりに夫婦水入らずで旅行をしてきました。


行った先は職業柄か・・・「街並みめぐり」


 

最初は倉敷


26
年前家内と初めて訪れ、これで3回目。

いつ行っても都会的な洗練さと落ち着いた佇まいの融合が印象的です。

_MG_9125-1.jpg

_MG_9119.jpg



倉敷美観地区の中心を流れる倉敷川でこんな風景が・・・

_MG_9137.jpg
             何かの撮影でしょうか・・・
    


次に向かった先は広島県は鞆の浦。

坂本龍馬ゆかりの地ですが、街並みは倉敷と違いとっても素朴でした。

_MG_9179-1.jpg _MG_9177-1.jpg
                            この路地はいいですね


街を散策して、店の前を通ると「こんにちわ」と声をかけられました。

普通の事なのでしょうが、これが大阪なら「いらっしゃい〜」となるかもしれません。
 


_MG_9184.jpg 


 
鞆の浦は漁港ですが、海に向かってテーブルを置き、そこで今日あった出来事を漁師仲間と酒を交わす・・・

そういった光景が当たり前のように街のあちこちで見られました。

とてもいい風景だと思いました。
 


_MG_9182-1.jpg


_MG_9190-1.jpg
登り下りが楽しくなるような坂道です



その日はそこで一泊

古い一軒家を借りるかたちの宿泊施設。

_MG_9199.jpg
門扉は自分で鍵かけて・・・


江戸時代に建てられたとあって、テレビもなく、木製窓の開け閉めもちょっと苦労するところはあるものの、「ゆったりとした時間の流れ」を提供してくれるのはとても心地いいものでした。

付属の露天風呂も独り占めできますし、お値段もリーズナブル。
もう一度行ってみたい宿です。


 二日目は高梁市の吹屋集落

 
ベンガラの発祥地としても有名ですし、映画の撮影にも使われたところです。

_MG_9234-1.jpg

_MG_9236-1.jpg

これは消防自動車専用の車庫です
どうして中に車を入れたか・・・
よ〜く観察すると、前の格子が柱ごとスライドします。つまり「動く壁」です
すばらしい〜


ここより少し歩くと、日本最古の校舎でもあり重要文化財にも指定されている「吹屋小学校」があります。

_MG_9239-1.jpg


学校の近くに行くと「児童を撮らないでください」という看板がありました。
ちょっと考えさせられました。  


硫酸化鉄からとれるローハを焼くことで得られるベンガラ。


気の長くなるような製造工程は「赤」に染まった街並みになお一層深みと重み醸し出してくれているようでした。


銀婚式の旅行にしてはけっして豪華でもなく、どちらかというと質素な旅行でしたが、振り返ってみれば25年という歳月はあっという間に過ぎ去っていったように思います。

しかも年々加速度をまして時間の経過は早くなっていったようにも感じます。


子供が生まれ、入学式を迎え・・・独立して事務所を持って・・・いいこと、いやなことたくさんあり・・・・

それらのごくありふれた日常の中に、自分を成長させたり、支えられたりするたくさんのことがちりばめられていたに違いありません。

そのひとつひとつをひも解いて「感謝」という気持ちに置き換えることも大切なのかもしれません。

ただ、まだまだ過去を振り返る年代にはなりたくないという思いもあり、自分のやれることななんだろう・・・・
25年は「次のステップへの通過点」という思いを再確認した今回の旅行でした。

By Ryuわーい(嬉しい顔)




ラベル:銀婚式
posted by ばばちゃん at 17:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてお邪魔しました。

奥さまとは、お付き合いさせて頂いているのに、ゆっくりお話する機会もなく…。
こちらを拝見して、びっくり。
味わい深い、そして多彩なご夫婦に、興味津々です(笑)
こちらは、あと少しの大阪生活となっておりますが、どうぞ宜しくお付き合いの程…!
Posted by かすちゃん at 2010年12月22日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。